Hagex事件から考えるブログ継続の難しさ・ITと宗教観

(禁欲 648日目・一食 466日目)

一昨日、全国ニュースになりましたがプロブロガーの「Hagex」という方が刺殺されてしまいました。

ブログに関するセミナー会場で待ち伏せされた後の犯行のようですが、ブログを長く書き続け、名も顔も表に出て有名になるとこういう事態も起こってしまうので難儀なものだと感じてしまいます。

このHagexという方のブログは私は今まで知らず、今回事件後に初めて拝見しましたが

「1ヶ月の記事数が、自分が1年以上書き続けたこのブログの総記事数よりも断然多い・・・」

正直驚きました。

“Hagex事件から考えるブログ継続の難しさ・ITと宗教観” の続きを読む

(御質問者様への回答)宗教バリバリ記事、最初はどれ読む?

(禁欲 608日目・一食 426日目)

先日所用があり地元に数日間帰省しましたが、久しぶりにあった地元の友人から「声がめっちゃ低くなった、前はあんなに甲高かったのに」と言われました。

自分でも不射精禁欲が長くなるにつれ「なんか変わってきてるよな」とは感じていましたが、さほど気にしてはいませんでした。

「異性受けする声」ということなんでしょうか?

ま、クリシュナさんの「女の放棄」が身体にしみついてしまうと「そんな余計な、昔はやった引き寄せの法則みたいなもの今更いらん!」となるのですがね。

さて、今日は読者の方からのご質問が来ていたので「宗教バリバリ回答記事だぜ!」とさせていただきます。

“(御質問者様への回答)宗教バリバリ記事、最初はどれ読む?” の続きを読む

気になる2人の禁欲者・宗教と酒そして次はシク教を読んでみる

(禁欲 592日目・一食 410日目)

クリシュナさんに比べ超まじめなお釈迦様の「ブッダのことば」もサラサラっと2週間前に読んでしまいました。

次はより詳しく「原始仏教でも読もうかな~」と考えていましたが、ちょっと以前から気になっていた「2人の禁欲者」がいました。

一人はクリシュナさんの1個前の先輩聖者といわれる「チャイタニヤ」、クリシュナさんの本にもこのチャイタニヤの事はよく書かれていました。

クリシュナさんの1個前の先輩ということで意識していたのか、よく自分と比較しての文面が本で書かれていました。

現在日本語訳で販売している本では「チョイトンノ伝」という上下セットで売られています。

インターネット上で少し調べてみると、このチャイタニヤさんという人は踊りが大好きで、踊りながら布教して歩き、道行く人をその自分の踊りに巻き込んでいたようです。

“気になる2人の禁欲者・宗教と酒そして次はシク教を読んでみる” の続きを読む

出張を交えて伝える禁欲生活・クリシュナさんの女の放棄とは?

(禁欲 572日目・一食 390日目)

今日は出張なので文字数は軽めですが、内容は重めにいきます。

今週初めから出張に入り、現在は北陸一の歓楽街がある場所に宿をとっています。

周りは華やかなネオンにつつまれ、肌を露出した格好の女性や和服を着た女性が街を歩いています。

「Mr.T」はどちらかというとこういう華やかな雰囲気が大好きなので、禁欲前はほいほいと下心と鼻の下を伸ばして飛んでいっていた「酒場大好き人間」でした。

“出張を交えて伝える禁欲生活・クリシュナさんの女の放棄とは?” の続きを読む

長期禁欲による仕事面における行動力とガラッと転換する思考

(禁欲 542日目・一食 361日目)

不射精禁欲の期間も今週で1年と半年経過です、一日一食も1年経過します。

この期間ブログでなんどか書いていますが、一切夢精というものがありませんでした。

「そこまで大事に全部ためこまんでも・・・」と思うのですが、こればかりは身体の勝手なので、私もどうこう出来ません。

ただ現在は以前にも記事にしたノーパン生活なので、逆に夢精されると気持ち悪く、妻の目を盗んでコソコソと次の日洗濯しなければならないので、今となっては非常に助かってはいます。


オナ禁・禁欲に関係する今と昔の悟りの違いとノーパン生活の話

“長期禁欲による仕事面における行動力とガラッと転換する思考” の続きを読む

オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話

(禁欲 536日目・一食 355日目)


ラーマクリシュナさん: 神のお恵みにとって不可能なことがあるかね。千年のあいだ暗闇に閉ざされていた部屋に灯火を持ちこんだとする。

暗さは少しづつのいていくだろうか。部屋はいっぺんに明かるくなるではないか。必要なのは強烈な放棄心だ。
人はさやをはらった剣のようでなければならない。

「Mr.T」は本にたびたび出てくる、このクリシュナさんの「部屋の明かりの例え」が大好きなんですが、これはオナ禁・禁欲と非常に密接している、、、

といいますか「オナ禁・禁欲そのまんまの例え」なんです。

“オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話” の続きを読む