(読者の方からの質問への回答)禁欲当初の人との考えの食い違い

(禁欲802日目・一食620日目)

気づけば不射精禁欲も800日を超えていました。

禁欲当初はエクセル日記にコメントと禁欲日数(一食日数も)を記載して、日々の変化を楽しんでいましたが、いまはその日記すらあまり開いてません。

オナ禁も不射精禁欲も長期となると、ブログ書いてる皆さんが口を揃えていうように「もう日数は関係ないという思考」で落ち着いてしまうようです。

私の場合、ひふみのしんちゃん曰く


日月神示: ひたすら(不射精禁欲して)身魂磨いて、(心の)掃除せよと申しておろうが

( )内の言葉は私の注釈

・・・と、

どっかの年寄りみたいにいつも口うるさく本で言うので、禁欲日数関係なく淡々と日々こなしている状況です。

今回は久々ですが読者の方からの非常に良い質問を受けましたので、また本記事で紹介したいと思いました。

この質問はオナ禁・禁欲を始めた当初は「誰にでもありそうな疑問点」でもあります。

ではいってみましょう。

“(読者の方からの質問への回答)禁欲当初の人との考えの食い違い” の続きを読む

未婚で在家だと長期禁欲なんて「ほぼ無理じゃね」という理由

(禁欲 706日目・一食 524日目)

今回、常連読者のsanyさんよりコメントを頂いたので、それに対する返答記事を書きます。

こうでもしないともう禁欲記事を積み重ねられなくなってきました、もうなりふり構わずな「Mr.T」の禁欲ブログです。

“未婚で在家だと長期禁欲なんて「ほぼ無理じゃね」という理由” の続きを読む

長期禁欲(オナ禁)中の夢精は本当に害はないのか?

(禁欲 679日目・一食 497日目)

前回の記事は宗教が絡んだかなり重い記事でしたので、今回は一転して軽いノリでいこうと思います。


ラーマクリシュナさん:精液の排出を十二年間制御している人は特別の力を養う。

彼は、記憶の神経という特別の神経を発生させるのだ。その神経によって彼はすべてを記憶し、すべてを理解する。

精液の喪失は力強さを損なう。しかし夢の中でそれを失っても、それは害にはならない。

その精液は食物から得られるのだ。夢精のあとに残ったもので十分である。しかし、人は女性と交わってはならない。

夢精のあとに残る精液は、非常に「精練された」ものである。

ラーハー家では糖みつを瓶に入れて貯えていた。どの瓶も一つの穴を持っていた。

一年後に見ると、糖みつは氷砂糖のように結晶していた。不必要な水分がその穴から漏れて出てしまったのだ。

上のクリシュナさんの文章はこのブログの常連読者の方ならもう見飽きたかと思いますが、実はわたし去る7月21日の朝に夢精が起こってしまったのです・・・

“長期禁欲(オナ禁)中の夢精は本当に害はないのか?” の続きを読む

(御質問者様への回答)長期オナ禁者の迷い、葛藤への助言

(禁欲 637日目・一食 455日目)

最近また忙しくブログ更新が出来ないでいました。

忙しさもそうですがグーグルのアルゴリズム改定なのか、検索数・PV数ともにダダ下がりになってしまったのでイマイチ書くモチベーションがですね・・・

ま~、実際にオナ禁・禁欲・一日一食ブログというのは広がり実践しようとする人が増えると、下に記事にしたように経済に大打撃をくらわすので

「波及してほしくはないという外部作用」が加わっている気がいまはしています。

経済は「利益追求」が基本原則ですからね、オナ禁や特に不射精禁欲と一日一食は「その真逆の道」という事です。


皆が皆オナ禁・禁欲が出来ると経済は崩壊してしまう、しかし!<前編>(禁欲 353日目・一食 172日目)

“(御質問者様への回答)長期オナ禁者の迷い、葛藤への助言” の続きを読む

(御質問者様への回答)オナ禁効果の発生時期は人によって違う

(禁欲 587日目・一食 405日目)


ラーマクリシュナさん: ある話をきかせよう。二人の友だちがいた。

一人は淫売屋(現代でいうソープランド)へ、もう一人はバーガヴァタの朗唱(現代でいうお寺の説法や教会の説教)をききに行った。

「なんとはずかしいことだ!」と最初の男が思った、「友は霊的なお話をききに行ったというのに、私は堕落したざまをみろ!」

第二の男はひとりごとを言った、「馬鹿げたことだ。友は(ソープランドで)楽しい時をすごしているというのに、私のなんととんまなこと!」

(2人が)死んだ後、第一の男の魂はヴィシュヌ神の使いに導かれてヴァイクンダ(天国)へ行ったが、第二の男は魂は地下のヤマの世界(地獄)につれて行かれたということだ。

クリシュナさんを読んだのち、前回書きましたが現在わたしは「ブッダのことば」を読んでいます。

文字数少ないので、あと数日もしないうちに読み終わりますが感想としては・・・

「お釈迦様の性格って超まじめ。。。」

同じインド人でもクリシュナさんのような砕けた感じが一切なく、それはそれで読んでいて「物凄い智慧の習得」をさせてくれますが、たまにクリシュナさんのコミカルチックなセリフが恋しくなってきます。

今日の記事の本題とはあまり関係ないのですが、久しぶりにクリシュナさんに登場してもらいました。

上のクリシュナさんの言葉はもうお解りだと思いますが、「Mr.T」が軽めにオナ禁に例えると

「オナ禁効果を疑うな、あきらめんな、自分に都合良い理由つけてあきらめたらオナ猿地獄にまた落っこちまうぞ!」

ということです。(クリシュナさんの言っている意味はもっと深い事ですけどね)

ただ、何度も言いますがこのブログで「オナ禁・禁欲&一日一食はおすすめしているわけじゃない」ですからね。

“(御質問者様への回答)オナ禁効果の発生時期は人によって違う” の続きを読む