(御質問者様への回答)オナ禁効果の発生時期は人によって違う

(禁欲 587日目・一食 405日目)


ラーマクリシュナさん: ある話をきかせよう。二人の友だちがいた。

一人は淫売屋(現代でいうソープランド)へ、もう一人はバーガヴァタの朗唱(現代でいうお寺の説法や教会の説教)をききに行った。

「なんとはずかしいことだ!」と最初の男が思った、「友は霊的なお話をききに行ったというのに、私は堕落したざまをみろ!」

第二の男はひとりごとを言った、「馬鹿げたことだ。友は(ソープランドで)楽しい時をすごしているというのに、私のなんととんまなこと!」

(2人が)死んだ後、第一の男の魂はヴィシュヌ神の使いに導かれてヴァイクンダ(天国)へ行ったが、第二の男は魂は地下のヤマの世界(地獄)につれて行かれたということだ。

クリシュナさんを読んだのち、前回書きましたが現在わたしは「ブッダのことば」を読んでいます。

文字数少ないので、あと数日もしないうちに読み終わりますが感想としては・・・

「お釈迦様の性格って超まじめ。。。」

同じインド人でもクリシュナさんのような砕けた感じが一切なく、それはそれで読んでいて「物凄い智慧の習得」をさせてくれますが、たまにクリシュナさんのコミカルチックなセリフが恋しくなってきます。

今日の記事の本題とはあまり関係ないのですが、久しぶりにクリシュナさんに登場してもらいました。

上のクリシュナさんの言葉はもうお解りだと思いますが、「Mr.T」が軽めにオナ禁に例えると

「オナ禁効果を疑うな、あきらめんな、自分に都合良い理由つけてあきらめたらオナ猿地獄にまた落っこちまうぞ!」

ということです。(クリシュナさんの言っている意味はもっと深い事ですけどね)

ただ、何度も言いますがこのブログで「オナ禁・禁欲&一日一食はおすすめしているわけじゃない」ですからね。

“(御質問者様への回答)オナ禁効果の発生時期は人によって違う” の続きを読む

(御質問者様への回答)減食当初の体重減少への対応

(禁欲 580日目・一食 398日目)

とある県知事さんが援助交際をしていたらしく、それが週刊誌で本日明るみに出てしまいましたね。


お釈迦様: 青春を過ぎた男が、ティンバル果のように盛り上がった乳房のある若い女を誘(ひ)き入れて、かの女についての嫉妬から夜も眠られない、これは破滅への門である。

1年以上かかりましたが、最近やっとクリシュナさんを読破したので、キリスト教に続きヒンドゥー教についてもちょっと理解した感じです。

そして早速つぎに「ブッダのことば」を読み始めました。上のお釈迦様の言葉は今回のスキャンダルに合っていたので記載してみました。

「ブッタのことば」を読み終えたら、「原始仏教」も読んでいくと思いますので、今後はこのブログの引用する言葉は

「クリシュナさんからお釈迦様にバトンタッチ」

になる模様です、クリシュナさんおつかれさまでした~

“(御質問者様への回答)減食当初の体重減少への対応” の続きを読む

出張を交えて伝える禁欲生活・クリシュナさんの女の放棄とは?

(禁欲 572日目・一食 390日目)

今日は出張なので文字数は軽めですが、内容は重めにいきます。

今週初めから出張に入り、現在は北陸一の歓楽街がある場所に宿をとっています。

周りは華やかなネオンにつつまれ、肌を露出した格好の女性や和服を着た女性が街を歩いています。

「Mr.T」はどちらかというとこういう華やかな雰囲気が大好きなので、禁欲前はほいほいと下心と鼻の下を伸ばして飛んでいっていた「酒場大好き人間」でした。

“出張を交えて伝える禁欲生活・クリシュナさんの女の放棄とは?” の続きを読む