(御質問者様への回答)長期オナ禁・禁欲と運動や筋トレの関係

(禁欲 552日目・一食 371日目)

最近忙しくなかなか禁欲記事の作成が出来ていませんが、今回はちょうど5日前にお問合せを頂いていましたので、遅れましたがその回答を記事とさせて頂きます。

(そろそろ禁欲ネタも思いつかなくなってきた現在、このような質問回答形式が逆にありがたかったりします)


mr.tさん、初めまして。

いつもmr.tさんのブログを見て勉強させていただいています。 私もmr.tさんほどではありませんが、不射精期間110日を超え、随分禁欲に慣れてきたと感じています。

ところで、1つ教えていただきたいことがあります。 私もmr.tさんと同じく既婚者で子供も2人おり、間もなく単身赴任が解消になるのですが、単身赴任解消後は定期的に運動や筋トレは続けていますか?

お忙しいところではあると思いますが、よろしくお願いします。

 

はじめに

単身赴任おつかれさまでした。

男の場合、単身赴任をすると80%が浮気・不倫をし、その中の7%は離婚してしまうという中、その時間の110日間を不射精禁欲をされたとの事ですので何か相通じるものを感じます。

今後、このブログを読まれる読者の方の中でも単身赴任になられる方もいらっしゃるかもしれませんが、

「単身赴任は男の禁欲修行にはうってつけ」だと私は考えています。

バラモンの四住期の中の「林住期」にも応用出来ますし、その期間の禁欲エネルギーを人によっては久しぶりの独り身なので、

「人生の中で一度やってみたかった趣味」

にも全力で向けられる事が出来ます。

スワミ・シバナンダ さんの言う、異性や自慰を求めてしまう「低い欲望」に負けてしまわなければ、禁欲エネルギーはいかようにも使う事が出来ます。


バラモンの四住期についての記事です

無理して長期オナ禁・禁欲はやめましょう、その深い理由とは?

 

単身赴任解除後のわたし

さてご質問の「運動や筋トレ」ですが、現在は「格闘技」は続けています。ただ単身赴任解消となってからは回数はめっきりと減ってしまいました。

週に2回通えると良い方です。

幼い子供もいるので時間の都合がつかなくなってきたということもありますが、ここはちょっと不射精禁欲が長くなっていくと「特殊な事情」があります。


オナ禁・禁欲1年2か月超えて考える事。性欲に悩まされなくなる(禁欲437日目・一食256日目)

長期禁欲を続けてチャクラ工事「マニプラの門」を突破させよう!

上の記事にその特殊な事情を書きましたが、御質問者さんの禁欲110日目のころの私は、性エネルギーを空手や格闘技で発散させなければ「どうにもならない時期」でした。

しかし上のリンクを貼った2記事のように不射精禁欲も長期継続になると、ハードに身体を痛めつけなくても全然よくなっていきます

 

なぜそこまで身体を動かさなくてもよくなったか?

1年2か月を超えた記事で私は「禁欲前の素に戻る」と記載しましたが、ここを表現してみると、

「長期禁欲によるテストステロンの白いモヤの森の中から抜け出した」

解りづらいかもしれませんが、このような心境になります。

そしてマニプラの門で記載のとおり、性エネルギーを頭に昇らせ「身体中に循環させる方法」も自然に習得が出来ていきました。

これは単身赴任中に続けていたお寺での「座禅」が深く影響していると考えています。


単身赴任中の座禅の関連記事

座禅や瞑想を行っていると何となく見えてきたオーラもしくは気

またクリシュナさんの「異性の放棄」を自分の心の中で納得させないと、なかなかマニプラを突破させ性エネルギーを循環させるのは難しいかもしれません。

しかし突破させると先ほども書いたとおり、そこまでハードな運動は必要としなくなります。

異性の放棄への心の変化は仏教の「禅定」とも関係していきますが、これはいつかの機会にでも・・・


禅定・・・心の中の煩悩が退けられ機能しなくなった状態(完全に消えるわけではなく、観察能力<思考の目>によって煩悩が機能しなくなる)


 

その後の変化として

ただ、私は少し変わり者なので以前にも書きましたが

「殺人術も知っていて、経典も読んで戦闘力あるわけわかんない在家禁欲者」

を一応目指しているので、格闘技はやめません。

話が脱線してしまいましたが、そうなると運動で発散させなくても良くなった性エネルギーは「別な方面」で使って行くことになります。

別な方面というのが経典の真の言葉の解釈や過去の先人禁欲者達の言葉を吸収していく感じとなっていきました。

「身体から頭へ、そしてスピリチュアル(宗教)へ」という変化なのかもしれません。

 

まとめ

さて、御質問者様はもう不射精禁欲が4か月を経過し単身赴任解除ということですので、その変わりように奥様もびっくりするかもしれませんね。

2人のお子様も「変化した強い父親の言う事」は母親以上にきちんと聞くかもしれませんよ。

私が考えるに御質問者様の4か月の現在は、「禁欲エネルギーまっさかりの状態」だと推察しますので、ハードな筋トレや運動は今後も「ますます必要」となってくるでしょう。

ただそれは家族とまた暮らし始めても「さらに不射精禁欲を続けるのであれば」のはなしですので、そこは「ご自身の判断」となっていきますね。

既婚者の場合、長期不射精禁欲は「妻の協力」がないと絶対に出来ませんので。。。

コメントを残す