一日一食365日・1年到達したのでその効果をおさらいする

(一食 365日目・禁欲 546日目)

久しぶりの食欲減食の記事ですが、今回はせっかく一日一食も1年に到達したのでサーチュイン遺伝子も含め効果を書いてみましょう。

食欲減食に関する記事はオナ禁性欲記事と違って、前からぼやいていますがまったく人気がありません

しかしこのブログを読んでいる読者の方も、私はお勧めしていないオナ禁を始めてから「半年以上の長期間になっている方」もいるはずです。

オナ禁・禁欲がもう身体に馴染み「それが普通」となると、今度は自分をさらなる「魂(霊)の高み」に昇らせるにはどうしたらいいと思いますか?

もうお気づきかと思いますが、そうです、もう一つの人間の欲である

「食欲を抑え込む」

これしかないんです。


以前に書いた一日一食&サーチュイン遺伝子の記事です。

三大欲求の食欲を「一日一食」にすることによって起きる劇的効果

一日一食や減食で発生するサーチュイン遺伝子の驚きの効果を解説

 

はじめに


家族と暮らしてからの禁欲と一日一食生活してみて分かったこと(禁欲441日目・一食260日目)

上のリンクを貼った記事で、私はある取引先の人に「自分が一日一食をしている事を話した」と書きました。

その後、この方と先日会う機会があり話をしましたが、一日一食をトライしてみたようでした。

しかし60代後半の食欲が薄れてくる年代でも「一日一食はキツイな~」というくらい続けられないので、「オナ禁に匹敵するくらいの苦行」なのです。

しかしこの方は自分の糖尿病の事もあるので「一日二食」はそれ以降も続けており、「2ヶ月で8キロ以上瘦せたんだよ!」と、私に喜んで話していました。


関連記事

1日2食でサーチュイン遺伝子をONさせる方法(禁欲 257日目・一食 76日目)

体調もすこぶる良いようで、私からみても以前より「血色の良さと精気」が感じられました。

 

一日一食して無くなる執着心(その1)


一日一食のそれなりの効果と長期不射精禁欲に超重要な「松果体」

上のリンクを貼った記事は「松果体」がメインでしたので、一日一食の効果はサラッとしか書きませんでした。

しかしこの効果の中で私は

「食べ物への執着がなくなっていく」

と記載しましたが、ホントは食欲減食効果の中でこれが「一番重要」なんだと考えています。

 

ちょっと寄り道、ルイジコルナロさんの無病法



無病法


ルイジコルナロさん、この方がむかしむかし少食にすると病気にならない、病気も治ってしまう、長生きできると書籍にしたイタリア貴族の人です。

元々は普通に食べる人でしたが痛風にかかってしまい45歳のころ、

「このままでは数か月の命」と侍医から宣告されてしまいました。

医者たちと相談した結果、「食を厳しく節すること」という結論になりました。

その後、ルイジコルナロさんは減食を成功させ、一年のあいだに病気は消え去りました。

結局「102歳まで生きちゃった~」という大体のあらすじなんですが、興味ある方はご一読ください。

ちなみにルイジコルナロさんの減食後の一日の摂取カロリーは「約800~1000kcal程度」です。

「サーチュイン遺伝子バリバリだぜー!」って感じですね。


「飲食をしかるべく慎む者は、鋭い五官、冴えた頭脳、丈夫な肉体、優れた記憶力、軽やかな挙動に、これらすべてに恵まれる」

ルイジコルナロ

「Mr.T」: なんか言い方がインドのヨギたちと似てるっスね。

 

一日一食して無くなる執着心(その2)

「一日一食をしていても暴飲暴食をするやつがいる」

これもルイジコルナロさんと同じルネサンス時代の貴族の言葉ですが、一日一食をした当時の私はじつはこれでした。

「一日一食してんだから気のすむまで食っていいだろ、このハゲー!!と、当時は非常に反抗心むき出しのそれこそ去年の議員のような「飢えた狂犬」みたいな感じでした。

夕食後、どうしても22時頃になると小腹がへるのでカップ麺を食べたり、近くのファミレスいってピザやパスタなど食べたり、コンビニ弁当買ったりと・・・こんな感じです。

3食たべていた人が突然翌日から1食にしたのでその反動なのでしょう、しかし先ほど記載した一日一食も長期続けられると

「食べ物への執着がなくなる」

これが効果を発し暴食がなぜか収まってしまったのです、現在は妻が作った夕食のみとなり、その後は買って食べなくなってしまいました。

これは減食での一際大きな効果で「不食への階段」かもしれませんが、「Mr.T」はそれは大酒が飲めなくなるので、絶対やってみたいとは思いません。


私は不食なんてしたくない ><

一日一食を普通に出来ると最終形態の「不食」が出来るのか?

 

私の嬉しい誤算の効果

上で「大酒」というキーワードが出ましたが、この一日一食効果、もしかするとこれはサーチュイン遺伝子かもしれません。

「アルコールの分解が非常に速い」ということです。

以前、私は休肝日は設けず換算すると、毎日9%のストロング酎ハイ500mlを4本飲んでいました。(500mlビール5%で計算すると7本ちょっと)

*現在は健康の事を考え、休肝日は設けませんが500ml2本と350ml2本と量を大幅に減らしております

ただ、どちらにしろ翌日には身体にアルコールは残っていなく、

「多少のアルコールでは2日酔いをまったくしなくなった」という事です。

この一日一食・サーチュイン遺伝子効果は、大酒のみの私にとっては本当に「嬉しい誤算」のような効果でした。

 

昼寝の消滅による時間の有効利用

下のリンクを貼った記事は、このブログを書き始めてまもない初期のものですが、まさにこの通りです。


一日一食にして気づいたけど、日中の睡魔と昼寝がなくなったよ

読んで頂くとお解りいただけると思いますが、「Mr.T」はこの1年のあいだ「昼寝すらしていない」のです。

昼寝を今までしていないこの加算された時間というものは非常に重要で、よくオナ禁ブログを書いている方々の効果の中で

「オナ禁するとおかず探ししている時間が必要ないので、時間を有効利用できる」

というものがありますが、食欲・一日一食ではこの昼寝がそれに匹敵します。

私の空手のよく飲みに行っていた仲の良い知り合いで、

「仕事で外に出ると毎日1時間車の中で昼寝するんだ~♪」と、不届き千万なことをいう者もおりますが、もし仮にこの毎日1時間を節約できたら1年で365時間となります。

ある意味「オナ禁のおかず探し」よりも、時間の有効利用は大きいのではないでしょうか?

ですのでこのブログで何度か書いている「時間の概念」が普通の人と違ってくるのです。

「おかず探しと昼寝」の両方が無くなったら尚更なんです。


ここで時間の概念については書いてます。

オナ禁365日・1年到達!ついでに一日一食半年経過の効果効能

 

病気への耐性が非常に強くなる

これは上のオナ禁365日の記事でも書きましたが非常に強くなります。私は禁欲・一日一食をしてから1年と半年で3回だけ風邪を引いてしまいました。

しかし引いてはしまったのですが、3回ともいっこうに「熱が上がらない」のです。

不思議な事なんですが、この1年半の3回で「37度を超えた事が一度もない」のです。

この記事を書いている現在、末っ子の溶連菌がうつってしまい咳と風邪の症状でまいりながら記事作成していますが、これでちょうど3回目の風邪です。

ただ、熱が毎回上がらないので寝込まず普通に行動が出来てしまい、周りからみてもまったく「弱っているようには見えない」のです。

ですので毎晩、今日もまた大酒を飲むでしょう・・・きっと (ダメなのわかっちゃいるけどやめられないんだわ)

 

まとめ

せっかくの一日一食・一年突破の記事でしたので、かなり気合いれて今回書きましたがいかかだったでしょうか。(ドウセマタニンキデナインダロ)

一日一食・サーチュイン遺伝子の効果については、今まで記事を書いてきた中で小出しで記載はしてきました。

今回はその自分に現れた効果である「執着心」「大酒」「昼寝・時間の概念」「病気の耐性」の4点に焦点をあてて記事を作成しました。

しかし一日一食含め減食は実施すると、誰でもがルイジコルナロさんのような効果や、私の効果など「どれかには必ず該当していく」と考えています。

ま、オナ禁同様おすすめはしませんがね・・・フフフ。

広告

“一日一食365日・1年到達したのでその効果をおさらいする” への9件の返信

  1. 江戸時代の水野南北さんも「小食こそ開運のカギ」と言って超好きな酒も一日コップ1杯にしてたそうですけど、Mr.tさんは”一日1000カロリー”くらいの酒飲んでますよね。でもまあ南北さん、「肉体労働や体を酷使する人は大食いしてもええよ」と言ってますから、格闘技してれば良しなのかも。
     禁欲、小食ときたら、次は超人目指すことになる?昔、肥田春充氏も丹田使って超人的能力を手に入れたようですから、禁欲ファイターならもしかしたら…。(肥田春充氏:病弱体質から鍛錬で超人体質になった方で強健術を編み出した。)

    1. 鬼一さん、こんにちは

      お酒の分のカロリーは全然考えていませんでした。
      ルイジコルナロさんのカロリーベースで考えると、私の場合はサプリと毎日の酒だけで充分ということになり、食事は全然いらない計算になってしまいますね。
      でもそれやると家族から猛反発がきそうです、食事もしないで酒しか飲んでないようにみえますからね。

      どこかの機会で水野南北さんのような酒量に切り替えたいなといつも思うのですが・・・

      肥田春充氏のことは初めて知りましたが、丹田使って超人的能力というのはクンダリニも関係してるのでしょうかね。
      今度調べてみます。

  2. 減酒(大酒)

    僕は甘いものが好きでほぼ毎日食べてます。あなた様にとってのお酒みたいなものですね。砂糖依存している気がします。

    1. スノーさん、こんにちは。
      以前はこんなに大酒飲みではなかったのですが、禁欲前に仕事などで色々なストレスが重なって段々と酒量が多くなってしまったくちなんです。

      長期禁欲してもその習慣はやめようと思わない限り続き、まして禁欲すると二日酔いすらなくなってしまったので、今のような状態が続いています。

      ただ、鬼一さんのコメントでのカロリーオーバー的な面が非常に気になるので減酒を考えたい・・・です、出来れば・・・早めに。

  3. 返信ありがとうございます。一日一食で格闘技等をなさってる場合無理に減酒したら体重と体力が落ちてしまうのでは?と思います。(カロリー=重要な活動エネルギーですから。)
     スノーさんのコメントに砂糖の話がありましたが、エネルギーの話と絡めていうと「ナツメヤシ(英語名デーツ)」を生活に取り入れてみるのはいかがでしょうか。これは栄養価が非常に高いうえにすごく甘く(自然な果糖のみで一切砂糖入ってません)、旧約聖書などで「神が与えた果実」「アダムとイブの主食」「キリストが産まれるときにマリアが毎日食うてたもの」「予言者ムハンマドのお気に入り」など言われてまして、アマゾンですと1キロ2000円以内で買えます。(種アリと種なし等いろいろ種類あります。)
     *余談で、現在アルコールを拒絶人類が増えてるらしく、「進化の遺伝子に関係する」と報告があるみたいですね。(減酒を勧めてるわけではないです。)https://indeep.jp/maybe-no-alcohol-in-human-future-by-evolving-gene/

    1. 鬼一さん、コメントありがとうございます。

      ”飲酒で馬鹿になりアルコール漬けになった動物どもを見よ。自由がかれらに節度なき飲酒の権利をもたらしたのである。それはわれわれやわれわれ一族の歩む道ではない。ゴイム々はアルコール飲料に酔いしれ、かれらの若者たちは因習陋習とごく若いうちから性的堕落に痴呆状態となって成長する。その性的堕落は、われわれの特別な代理人・・富豪の邸宅の家庭教師、下男、女性家庭教師によって、書記その他によって、しばしばゴイムの娯楽場にいるわれらの女性たちによって手ほどきされた。かれら代理人の最後に、私は、頽廃と奢侈に他の者たちを引き込む尖兵である、いわゆる「社交界の貴婦人たち」も入れておく。”

      「シオン長老の議定書」の一説です。
      性的堕落はもう落ちないと思いますが、私にとってのネックはアルコールだけなんです。

      お釈迦様の言葉でも「酒は知恵を減退させる」と言ってます。

      でも「わかっちゃいるけどやめられな~い♪」というやつですね。

  4. お久しぶりです。

    昨日から、集中できないことが多く、理由について考えていたのですが、
    先日断射100日を超えたのが思い当たり、ご相談させて頂いた次第です。

    [現象]
    ・眠れない:2時間でスッキリしてしまい、眠れません
    ・食欲が低下する:食べなくてもいいなと感じる事が多くなりました。
    ・性欲が増大している:我慢はできるのですが、エロに接したくなる欲求がこれまで以上に高まっています。

    [オナ禁の目的]
    ・男性として、魅力的になるため

    [したいこと]
    ・性エネルギーに慣れ、循環、使用できるように訓練したい
    ・性エネルギーを使用し、パフォーマンスを向上させたい

    これまでMr.Tさんは格闘技による性エネルギーの発散と、瞑想による性エネルギーの掌握、小食による身体パフォーマンスの向上を行ってきたと解釈しております。
    私もこの前例を参考に性エネルギーと仲良くなろうと考えておりますが、
    現時点で、考え直すとしたとき、アドバイス頂けないでしょうか。

    また、改めて考え直すと、Mr.Tさんが小食を始められたのはオナ禁180日以降ではないでしょうか。 もしかすると、小食を進めるためには、一定期間のオナ禁が必要なのではないかと睨んでおります。
    それこそ、一般人は食からしかエネルギーを摂取していないため、生きるためのエネルギーが枯渇してしまうのではないかと。。。

    ※私のオナ禁は断射を目標としていないため、射精機会を持つようになった場合、小食の取組みについてどうするかを検討し直す必要があるか、確認致したく…

    長文失礼致しました。
    お時間あるときにご回答頂けますと幸いです。

    1. sanyさん、コメントありがとうございます。
      質問の内容が濃く、オナ禁続ける読者の方のみなさんに当てはまりそうな良いご質問ですので、近々1記事でまとめようと思います。

      しばらくお待ちください。

コメントを残す