オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話

(禁欲 536日目・一食 355日目)


ラーマクリシュナさん: 神のお恵みにとって不可能なことがあるかね。千年のあいだ暗闇に閉ざされていた部屋に灯火を持ちこんだとする。

暗さは少しづつのいていくだろうか。部屋はいっぺんに明かるくなるではないか。必要なのは強烈な放棄心だ。
人はさやをはらった剣のようでなければならない。

「Mr.T」は本にたびたび出てくる、このクリシュナさんの「部屋の明かりの例え」が大好きなんですが、これはオナ禁・禁欲と非常に密接している、、、

といいますか「オナ禁・禁欲そのまんまの例え」なんです。

“オナ禁・禁欲と宗教の関係性、クリシュナさんの明かりの例え話” の続きを読む