オナ禁・禁欲生活、最近の状況と今後のブログの不安

(禁欲519日目・一食338日目)

最近、本業の方で非常に忙しくブログの記事を書けないでいました。

久しぶりの投稿ですが、今日は今まで書いてきたこの禁欲ブログについて、ふと思ったことやちょっとした不安を書いてみます。

3日前はバレンタインデーでしたが、読者の方は女性からチョコレートをもらったでしょうか?

かくいう私の長男は・・・

 

はじめに

下の記事は覚えていらっしゃるでしょうか?


家族と暮らしてからの禁欲と一日一食生活してみて分かったこと(禁欲441日目・一食260日目)

家族と暮らしてからのその後の禁欲効果記事でしたが、ここで私は長男に「男のエネルギー抜くんじゃないよ」と伝えていたと書きました。

その後、長男は「男のエネルギーってなに?」と、たびたび私に質問してきていたことから、はっきりと認識はしていなかったようです。

ただ、しらふの時や妻や家族がいるときなどは、なかなか説明しずらく伝えられなかったのです。

しかしあるとき私は大酒を飲みながら長男と二人きりの時、タイミングよくまた質問が来たので酒の力もあり答えることが出来ました。

 

とある父と息子の重要な会話

長男: その男のエネルギーっていったいなに?

「Mr.T」(わりと軽めな感じで): 精子。

スポーツ選手やイケメン俳優はこの精子を自分で出さないで、パワーを引き出しているから活躍できるんだよ、背も体も大きい。

パパも全然抜いてないんだから〇〇(息子の名)も絶対に抜かない事、わかった?

長男: うん

上のリンクを貼った記事でも書きましたが、この上の会話は一見簡単そうですが、父親が「オナ禁者か禁欲者」でないと絶対に成立も発生もしません。

ここで最近気づいたのが、

「父親が自慰していると、上のような会話が子供が思春期なる頃でも発生せず、いずれエロを見だして結局子供も自慰してしまう子供(息子)になってしまう」

ということです。

 

その結果

その後、長男はパワー(テストステロン)が有り余ってきたのか、毎日腹筋をしだし現在は私よりも割れた腹筋になってしまいました。

バレンタインも5個チョコレートをもらい、転校してきて半年ちょっとですがクラスのなかで2番目だったそうです。

オナ禁・モテモテ道の始まりで羨ましいかぎりです。(父親なんて猿だったから小学校のときから家族以外、一個ももらったことないのに・・・)


このような修行者が世界を動かす。低い欲望に決して負けず、厳格な禁欲を守ると、性的エネルギーは、上に昇り頭脳の中に貯えられる。これによって、知的パワーは著しく強められる。」

スワミ・シバナンダ

頑張ってね、わたしの可愛い長男さま。。。

 

読者の方からのコメントやご質問

話がガラッと変わりますが、記事数も150記事を超えてから最近になり「読者の方からのコメントやご質問」が多くなってきました、連日頂くこともあります。

コメントやご質問を受け、読者の方の色々な思いがあり「オナ禁・禁欲を続け何かしらの目標を達成しよう」という熱心さが非常に伝わってきます。

そのおかげもあり、このブログを始めた去年の4月4日から現在までのページセッションは、トータルしても「3.3」といまだに高い数字です。

ちまたではよく「10万PV突破!」や「50万PV突破!!」などPV数を公表した記事がありますが、ページセッションはあまり出ていません。

ここを少し調べてみると普通のブログで「1.1~1.4」くらいを大体推移しているようです。

仮に1.2の方のブログで計算すると、1か月で10万PV達成時の読者数は9万人くらいとなります。

しかしもし私のこのブログに9万人の読者の方がこられた場合、30万PV弱の数値となり大変なことになります。

ブログの記事数を重ねていくにつれ、読者数・PV数も並行して上昇することは私も知ってはいます。

 

私の禁欲ブログを継続する上での不安

しかしここでわたしが気づいた大変な事とは

「読者数・PV数が増えるにつれコメント・ご質問の数が比例して増えていく」

という事です。

現在でもかなりの頻度ですので、これが記事を重ねていきPV数が10倍になるとコメント・ご質問の数もいまの10倍となってしまいます。

不射精禁欲ブログは記事数を重ねPV数が上昇していくと、そのうち私一人では読者の方のご質問やコメントなど、

「支え(答え)きれなくなっていきそうな不安」

を今は感じています。

 

禁欲ブログの難しさ

ここが不射精禁欲ブログの難しさというべきものなんですが、禁欲ブログの性質上、「きちんと答えなければならない」という義務みたいなものがあります。

よく他のブロガーさんが行っている「メルマガ登録」というものもありますが、禁欲ブログではそれも出来ません。

なぜかというと、クリシュナさんやお釈迦様、経典や聖書の文章を引用している以上、

「一部の人間にしか見れない(読めない)というのは、やってはいけないこと」

だからなんです、ましてメルマガにしてお金をとるなんてもってのほかなんです。

不射精禁欲をするとこういう事も頭に自然と湧いていくので厄介でもあります・・・

 

まとめ

ただ、人と面と向かって説明していた先人禁欲者たちと違い、インターネットが普及している現在は非常に伝えやすく助かってはいます。

この日数まで不射精禁欲をすると、その後も不射精を継続することは全然容易なことです。

しかし継続するかぎり記事とPV数はゆっくりとはいえ増加していくので、上のような不安や「こんなこと自分がこれからも書いてよいのだろうか?」のような得体の知れない不安は絶えず頭につきまとっています。

“オナ禁・禁欲生活、最近の状況と今後のブログの不安” への6件の返信

  1. このブログは参考になるし、よし自分も禁欲するぞーって気になります。このブログの方向性はいいほうへと確認出来ますから、更新楽しみにしてます。息子さんが「5対1」を覚えなくて本当に良かったですね。(指5本にアレ一本)。

    1. 鬼一さん、コメントありがとうございます。
      長男が5対1を覚える前に教えられて本当に良かったのですが、さっきクラスの女子が4人で家まで長男を遊びに誘いにきて行ってしまいました。

      それはそれで親として将来が心配になってくる「4対1」です。

  2. 初めてコメントします( ´∀` )私は今、生活リズムを崩し、精神的にも不安定になり入院しています。ちょうど入院直前から始めたオナ禁ですが、入院すると、生活が安定して、持続しやすくなりました。結果今45日くらい(正確には数えなくなっている)続いています笑。なので自論ですが、オナ禁が直接体にいいのもそうですが、続ける過程で生活リズムなどが治っていくのでより良くなるのではないでしょうか( ´∀` )まだまだ入院はしそうですが、入院直後よりもかなり良くなりました笑この調子でなるべく早く精神を直し、オナ禁を続け、退院したいと思います( ´∀` )

    1. アニメオタクさん、コメントありがとうございます。
      オナ禁と精神面の相互作用は非常に深く関わっていきます。
      精神面で落ち込んだときにオナ禁をすると、テストステロンの上昇により回復も段違いではないでしょうか。

      お早いご回復をお祈りしております。

  3. このブログは同じページ何度も見直すほど気に入ってます。ご自身のペースで是非続けて下さい。
    もしかしたら、返せないほどのコメントが出るくらいになると読者同士で盛り上がるかも知れませんね笑

    僕もとうとう30代に突入しました。これからも無駄打ちせず精進しようと思います。

    1. スノーさん、コメントありがとうございます。

      わたしも過去記事を少しづつリライトしながら読み返しますが「よくこういう記事書けたな~」なんて思ってしまいます。
      不射精禁欲効果のおかげもあってなんでしょうけど その未知の効果、ただただ驚くばかりです。

コメントを残す