無理して長期オナ禁・禁欲はやめましょう、その深い理由とは?

(禁欲507日目・一食326日目)

色々な方のオナ禁(禁欲)ブログを読むと、よく見かけるのが

・具合が悪くなった(頭痛・身体の痛みなど)

・ストレスで精神的に病んでしまう

この文章がよく見かけます。

私がオナ禁、特に不射精禁欲を「おすすめしていない」と、しつこくこのブログでいうのは、このような症状にぶち当たってしまう人もいるからです。

それもそのはずなんです・・・

 

はじめに

オナ禁、いわゆる彼女作りたい(セクリセ有り)という目標であれば、精神的にストイックな方であれば定期的な射精の機会もあるので、それも「実現可能」です。

しかし、生涯の不射精禁欲を通し

「神秘的な性エネルギーに溢れる在家禁欲者になりたい」

という場合は、少々・・・といいますか、かなり違ってきます。

在家で大半が日常生活していかなければならない日本社会では、そう簡単に「不射精禁欲」は出来ません。それはなぜか?

 

家庭を持っていないからです。


在家禁欲者を目指すなら妻子がいないと無理かもしれない理由(禁欲 325日目・一食 144日目)

 

バラモン教の四住期

上のリンクを貼った記事で、それとなくお伝えはしていたのですが古代インドの宗教で「バラモン教」という教えがあります。

そこの男子たるものの教えとして「四住期(しじゅうき)」というものがありました。

このワードから読者の方も連想できるように、男子の解脱に向けて、生涯の生活態度を4つに分類させたものです。

簡単に説明しますと・・・

 

「学生期」:(梵行期、ブラフマチャルヤ、brahmacarya)

ここは師(先生)のもとでヴェーダ(経典)を学ぶ時期です。

もともとの意味は特定の師匠(グル)に弟子入りして、ヴェーダという経典を学習する時期です。

また武人として生きようとする人は、武芸の技能鍛錬や政治の実務の勉強もここで行っていました。

今で例えると、小・中・高・大学などの就学期間にも相当します。しかしここで今と違うのは

「解脱に向けての不射精禁欲」

というのも経典なので、しっかりと教えてたはずです。

 

「家住期」:(ガールハスティア、gārhasthya)

結婚して子供をつくり家庭をもちます、現代社会と同じように仕事に励んで一家の祭式を主宰する時期です。

うちの子供も嫌いといっているお勉強、ここをしっかりと勉強して学生期をめでたく卒業すると仕事を始めます。

そして結婚して家族を養う家住期というものに入ります。

ここでもやはり男の子をもうけて、先祖の血を絶やさないことが重要視されますが、「お父さんはしっかりと働いて稼ぎ、家を繁栄させる役割」があります。

そこは今現在となんら変わりはしません。

 

「林住期」:(ヴァーナプラスタ、vānaprastha)

家を飛び出して山奥などに隠棲して修行する時期です。人為的なものや文明的なものを次第に捨てていく時期でもあります。

家住期で「おらの子供立派になったな~」と感慨にふけり、

「オレの役目はもう終わった・・・よしっ!」と考えたら、解脱に向けての人生設計、ほけんの窓口に入ります。

お父さんは「孫の誕生を見届ける義務」もありますが、家から出て荒野や森林、山奥などに住み、1日1食は人によるでしょうが「質素で禁欲的な生活」をします。

ほけんの窓口はウソですが、ホントはここで「不射精禁欲」なんです。



林住期 (幻冬舎文庫)


 

「遊行期」:(サンニャーサ、samnyāsa)

一定の住所をもたず、ふらふらと乞食遊行してさまよい歩く、第1話のケンシロウみたいな時期です。

長期不射精禁欲の林住期を終えると、着の身着のまま無一文で諸国を放浪して解脱を目指します。

天涯孤独の身となって「我が命、天命に預ける」という、ちょっといまは流行らない格好いいセリフをはきながら、旅して歩き最終的に解脱に至ります。

サンニャーサ、クリシュナさんにも書いてある「サンニヤーシ(僧侶)」、なんか響きが似てますね。

 

「Mr.T(エムアールティー)」風な結論

結局、なにが言いたかったかというと、、、

「家住期もまだ通ってない人が、いきなり在家での長期不射精禁欲なんて無理!」

ということです。

それこそ家住期を通ってないと、心身にどうしても心残りや悔いが残り、それでも無理して不射精禁欲を続けると「身体を壊してしまう」ということになります。

上のリンクを貼った記事で「そこをオブラートに包んで伝えたかった」のですが、読者の方の中で無理して不射精禁欲されて身体を壊されると大変なので、今回はここで終止符をうつことにしました。

心残りや迷いを捨てないと不射精禁欲はできません。

 

そしたらアレンジしましょう!

ただ「家住期は通過・・・」としても現代社会の場合だと、在家にいながらでも「林住期は可能」かもしれません。

しかし「遊行期」は警察から職務質問・保護されるのでたぶん無理でしょう。

ですので、在家禁欲者を目指したい人は「現代風にアレンジ」していかないといけなくなります。

自分の場合だと現在はそうなると「家住期」でもありますが


最近の負荷・ムラムラは何か一味違うお釈迦様の言う一人でいる修行(禁欲 336日目・一食 155日目)

この記事で書きましたが、単身赴任中はずっと一人で不射精禁欲中でしたので「林住期みたいな生活」でもありました。

 

まとめ・意外と楽しい在家のバラモン生活

出家をすると話が別となり「家住期も免除」となるメリットがありますが、在家で不射精禁欲を成功させるには「それだけ大変ですよ~」ということでした。

こういう生き方をする人というのは、それこそ「婆羅門(バラモン)」といいますが、クリシュナさん曰く、

なかには「48年間の不射精禁欲」をした人もいたそうです。

インドのヨギたちのいう12年間でも長すぎなのに、なんだか気が遠くなりますね。

「上には考えられもしない上がいた」ということです。

ちなみにお釈迦様は上の4つの生活を約2500年も前に全てこなしてしまい、解脱をされたのでした。

おっしま~い


不射精禁欲決めたなら、やはり出家がベストですね
禁欲生活における「在家と出家のメリットデメリット」(禁欲 238日目・一食 57日目)

 

 

おまけ・ふざけてないですからね

中国の「論語」でこういうものもありました。

四住期の生き方にも関連している感じがして面白いです、ご参考までに。


吾れ十有五にして学に志ざす
三十にして立つ
四十にして惑わず
五十にして天命を知る
六十にして耳に順(したが)う
七十にして心の欲するところに従えども、矩(わく)を踰(こ)えず

“無理して長期オナ禁・禁欲はやめましょう、その深い理由とは?” への11件の返信

  1. はじめまして。余談ですが、割礼の文化がまだある場所には、はじめから自慰をまったくすることのない若者が多くいるそうです。(昔の話で、現代ではその例かわかりません)。ユダヤ教などその例ですが、アインシュタインなど天才を生み出しているのもうなずけますね。

    1. おにーさん、コメントありがとうございます。
      おっしゃる通り、宗教はもともと禁欲的な教えが基本ですね。
      仏教、キリスト教、ヒンドゥー教、修行するならどれも自慰はだめです。

      ただ、みなが全て出来る訳ではないので時代の流れ共に緩くなっていったのでしょう。
      でも出来る人はアインシュタインのように、すさまじい能力を発揮しますね。

      私なんて不射精しててもそのかけらさえもありません。。。

  2. 返信感謝します。連投で失礼します。”宗教には禁欲はつきもの”ということで連想したのですが、彼ら宗教家の長期禁欲について、割と重要な情報を思い出したので、長文ではありますが共有・参考になればと思います。
    ***
     まずキリスト教のカトリックなど禁欲に厳格に取り組んできた者たちについて、彼らは寺院に引きこもってひたすら精を出さないようにしたのは周知の事実ですが、その結果、とんでもない結果を招いた話があります。
     彼らは熱心に長期禁欲を行ってきたのですが、「やせ細って性格がゆがんだ者」と「豚のように太った温厚な者」の二種類の者たちが歴史を通して割と多く発生してきたそうです。このような悲惨な結果になったのは、彼らが「普通の運動ばかりか、瞑想やヨガ体操などの霊性を上げるための活動」をほとんど行わず、精(性)エネルギーの消化をしない状況で長期生活したためだそうです。
     逆に性エネルギーの消化に重点を置いた者たちの長期禁欲は見事にうまくいったようです。どうやら精子を一定期間溜めたままにすると、水たまりのようによどんで悪影響をもたらすらしいのです。
     ですから、もしも長期オナ禁が原因で心身に異常が出る場合は、食事によってどんどん作られていく性エネルギー(精子)をそのままほったらかしにする生活習慣が原因なのでは?と推測します。

    *(あと関係ないですが、宮沢賢治氏が身体を壊す原因となったのは直接は禁欲のせいではなく、玄米の食いすぎ(一日4合)が主な原因だと思います。玄米には発芽毒(アブシジン酸)があるので、そのまま食うてたら早死にしてしまいます。発芽玄米にするか炒るかしないと毒です。しかも彼は菜食生活を徹底していたのですから、体が蓄積しているビタミンB12が数年で枯渇して、魚も肉も食わないから一切B12を摂取できず、そのため胃液を作り出せない状態で消化の悪い玄米を4合も胃に入れてたらそれはもう身体壊します。それで満足に運動もせずに禁欲してたら・・・。)

    1. 鬼意さん、再度のコメントありがとうございます。
      おっしゃるとおり、寺院に引きこもって不射精してもなにもしなければ身体に異常をきたしますよね。
      瞑想、ヨガ、運動をして性エネルギー(プラーナ)を身体全体にまわしてチャクラを開いていかないと性格もゆがみそうです。

      宮沢賢治の玄米4合は初めて知りました。
      ヒトラー、ガンディーなども含め不射精禁欲者は本当に食事が極端ですね。
      禁欲者のベジタリアン主義は、宗教の生きていたものを殺して食すのは罪という意識からきているのでしょうけど、私はそこまで極端にはなりたくないと思っています。

      原始仏教はまだ詳しく読んではいませんが、お釈迦様のいう「中道」の禁欲主義を手本にしていきたいと考えています。

  3. DHEAの記事を拝見しました。
    Mr.TさんがDHEAを取り入れてみて変わったことなどを教えて下さい。
    顔つきは若返りましたか?

    1. りたさん、コメントありがとうございます。
      DHEAはオリンピックでもドーピングと解釈されていますので、摂取した当時はパワーのみなぎりが格闘技の練習で実感しました。

      いま現在は身体が慣れてきたのもあり普通ですが、顔つきの若返りはあると感じます。
      ただそれは私の場合だと「不射精禁欲効果」OR「一日一食・サーチュイン遺伝子」OR「DHEA」のどれが顕著に出ているのか判断はつきません。

      実感される効果はりたさんがご自分で摂取してみて自分に発生する効果を発見してみてください。

      https://www.sapoo.com/explanation/1to9/dhea-10
      このサイトでDHEAは購入できます。

      ただオナ禁してDHEAの摂取は、亜鉛と比較にならないほどの強い負荷(ムラムラ感)です。
      リセットの危険性にもつながるのでDHEAの配合量など考慮したほうが良いと思います。

      1. 副作用で、体毛が濃くなると記載されているものもありますが実際はどうでしたか?オナ禁によってもDHEAは分泌されるのでしょうか?
        自分は今高2で、思春期以前のように若返り、中性的な顔立ちを目標としています。
        同じ男性ホルモンでもテストステロン(男らしさが増す)とは役割が違うので、DHEAを摂取するべきかどうかをよければ教えて下さい。

      2. DHEAの役割は良質の精子を作り活性化させることです、不妊治療にも使われたりします。

        高2ということですので現在は性エネルギーの吹き上がりが非常に強くなっているときだと考えます。
        もちろんオナ禁によってテストステロンはもちろんDHEAだって一番強く発生している時です。
        ですので高2の現在ではDHEAは摂取しなくても全然大丈夫です、逆に摂取なんてしたら身体に大変な負荷をかけるのでやめた方が良いでしょう。

        オナ禁してスポーツ、これだけで充分、中性的な顔立ちになっていくはずです。

  4. DHEAは確かにパワー(若さ)を得られるのですが、ホルモン剤というのが多少、心配です。(ステロイド系(DHEA)のものは副腎皮質で作られるので、当然負担がかかります。)
     例えば同じステロイド系薬剤(医療用)に「プレドニン」という、副官皮質でホルモン分泌をさせるものがあり、これを長期摂ると体は「自分でそのホルモンを作らなくなり、機能が衰退してそのホルモンを自分で作らなくなる。そのため一生、その薬剤を摂取しなければいけなくなる。」というある種の継続摂取の依存性が発生するそうです。
    (*他サイトから引用*”DHEAの有害作用”「長期連用後の服用中止による倦怠感、肝炎、不整脈などが報告されています。さらに長期摂取による安全性が確立していないため、長期摂取後の摂取中止によりステロイド特有のリバウンドが起こる可能性もあります。」*ここまで。)

    病院でブレドニン錠剤を処方するとき、徐々に飲む数を増やしていき、一定数摂取し続けたら、また徐々に錠剤の数を減らしてホルモン分泌に負担をかけないように処方します。それくらいホルモン剤は強力です。
     ですから「今のところ副作用がないから、飲み続けても大丈夫かも。」ではなく、長期飲んで突然止めたときが、一番注意するべきときになります。
    DHEAはまさしくドーピング錠剤ですから、長期摂取はやめたほうがいいかと思います。

    1. 鬼一さん、コメントありがとうございます。

      先日、DHEAを再度購入しましたが、いままでは50mgでしたが100mgに変更しようと思っていた矢先でした。
      あいにく100mgは品切れ中でしたので50mgと先日助言いただいた銅(2mg)も購入しました。

      ただ、ここまで不射精禁欲の日数が経過してしまうと、
      「そもそもこんなにサプリ摂らなくても、もういいんじゃないのかな?」
      なんて頭によぎってしまいます。

      禁欲当初の頃は禁欲効果(メダ神経まで)を何倍にも加速させたい気持ちもあり、金冷法にしろ色々と試しました。
      ここまで自分で実践してみて、不射精禁欲+一日一食+DHEAを摂取すると確実に若返ります。

      先日、妻側の初めて会った親戚から
      「3人の子供たちのちょっと年の離れた兄弟にしか見えない」
      とアラフォー終盤なのに言われるくらいですので決して自慢ではなく、この効果はDHEAなんだと考えています。

      しかし今回の鬼一さんのご助言も踏まえ「無茶なことはなるべく控えなければならないな」という考えにも至っています。
      貴重なご意見ありがとうございました、十分自分の中で考えてみます。

  5. いえ、ちょっと怖い事を書き込んですいません。ただ長期のDHEA摂取を止めたとき、もしも反動(副作用)があった場合には不自由なことになるといけないので、ご注意をと思いました。
     (知り合いに副腎疲労を起こして数か月寝込んだ方がいまして、多少心配になったのです。ビタミンCで回復させたそうですが。)
     でも確かにDHEAは効果はすごいありますよね。若返りのお話はすごいです。そこまで効果あるとは。
     銅は一日の摂取基準量が1mg、上限10mgだそうですので2mgなら問題ないですね。ある程度毎日飲んだら今度は数日に一度にすれば負担はないはず、と思います。(アメリカサプリは吸収しやすいように大抵はキレート加工されてるはずですし。)

コメントを残す