禁欲について読者の方からのお問い合わせにお答えします

(禁欲505日目・一食324日目)

昨日の続きですが、昨日の訪問者毎ビュー数は4.05という高い数字で終了しましたが、今日はAM11:10の時点で「4.79」と驚異的な数字になってきました。

決して「トラフィックエクスチェンジ」とか使ってPV上げてる訳ではないですからね、実数です。

これも読者の方々のおかげでありますが、

「日本男子を健康で強く、イケメンだらけの国にしたい」

という初めて本音を書きましたが、「Mr.T」のこの趣旨でブログを始めたので、もっと読者の方が増えればいいなと思っています。

今日はお問い合わせから質問がきましたので、お答えしようと記事にしました。

 

はじめに

ただ、ご質問に関しての記事は2月5日に投稿予定の

「無理して長期オナ禁・禁欲はやめましょう、その深い理由とは?」

で説明しようと考えていましたが、PV数の爆発も見えてきて「新規の読者の方もふえているのだろう」と推察し、ご質問に私の見解を踏まえ記事にします。

禁欲ブログって途中から読みだすと「何が何だか解らない」のかもしれませんね。

 

読者の方からのご質問

いつもMr.T様のブログを興味深く拝見しております。 現在、私も禁欲に興味があり、試行錯誤しております。

これまで、毎日のように射精したりしてきましたが 体の不調が出てきて、禁欲に取り組んでおります。 ただ、不射精期間について1ヶ月前後が限度で、 それ以上をなかなか超えておりません。

といいますのが、これはなんとなくなのですが、 下腹部に違和感のようなものが出るときがあること、 また、例えば、溜まりすぎて、何もしていないのに 射精してしまったらどうしようという恐怖感からです。

Mr.T様は下腹部の違和感などは長期不射精でも 特に気になりませんか?(溜まった感など)


長期禁欲を続けてチャクラ工事「マニプラの門」を突破させよう!

 

「Mr.T」の回答

「Mr.T」:上にリンクを貼った記事で書きましたが、クリシュナさんの言葉にヒントがあります。

「マニプラの門」です。

私の場合は下腹部の違和感はまったくなく、夢精もいまだ一度もないので恐怖感というものはありません。

しかし知り合いで

「長期オナ禁してたら出勤のバスの中で出てしまったんだよ~」

と言っていた人もいましたので、可能性はないともいいきれません。

ただ、この人の場合は「エロい妄想」をバスの中でしていたので、こうなったんだと思います。

またかなり前に起こった事件「少年A」というものがありましたが、その手記の中で

「初めて人を殺めたときに強烈に射精した」と書いてあります。

これから推察すると「人は何かしらの強烈な事を心でとらえると、射精してしまう」のかもしれません。

しかしそのような強烈な出来事は普通に暮らしているとそうそうないので、恐怖を感じなくてもよいと考えます。

ただある程度の「女禁」は必要でしょう。


オナ禁継続に効果がありそうな、クリシュナさんの「女禁」講座

 

読者の方からのご質問の続き

また、他のブログの方とやりとりしたことがありますが 1ヶ月以上不射精でいると鬱々としてくるなどのことを 聞いたことがありました。

Mr.T様も1ヶ月くらいのときに 頭がぼーっとしたと書かれていましたが、 この頭がぼーっとするのは私も経験がありました。

これは一時的なものでしたでしょうか? 私も射精(特にセクリセ以外の自慰による射精)は害が 大きく、なるべくしたくありませんし、できるだけ 長期で射精しないようにしたいです。

ただ、繰り返しになりますが、長期で不射精の場合、 下腹部に溜まりすぎて仕事中に出てしまわないか、 そして違和感がでないか、頭がぼーっとするのが治らなくなるか など心配な点があります。

この点につきまして、Mr.T様は実際に体験されて ご見解としてはいかがでしょうか?

 

「Mr.T」の回答

「Mr.T」:このぼーっとする事をわたしは

「吹き上がるテストステロンの白いモヤの中にいる」と表現しましたが、これは強烈な負荷(ムラムラ感)による身体への作用なんだと考えています。

私の場合、ムラムラ感を増幅させる7種のサプリも同時に摂取していたので非常に理解が出来ます。

私の場合ですと「動けないでベットに横たわっていた」ときもありました。


奇跡のオナ禁・禁欲効果のスピードを早める私の7種のサプリ(禁欲 240日目・一食 59日目)

ムラムラ感を克服させるには、やはり筋トレなどの激しい運動が必要となっていきますが、座禅や瞑想なども心が落ち着くので非常におすすめです。

頭のぼーっと感は、ある程度の期間はその都度強弱はありながらつきまといます。

しかしいずれ身体も慣れ、私は大体1年を超えたあたりから落ち着いていきました。


オナ禁・禁欲1年2か月超えて考える事。性欲に悩まされなくなる(禁欲437日目・一食256日目)

上の記事でそれを私は「素に戻る」と表現しました。

 

読者の方からのご質問の最後

例えば運動などして、溜まりすぎたものが体内で 循環してくれるなど何か良い方法があれば 良いのでしょうけれど。

これまで、時々射精した方が良いのかなという事務的な理由で、 また、単に脳の快感のためだけに射精してきたことが多く 今になって、体にとって本当は出さなくてもよいのか、 それとも定期的に出した方がよいのか分らなくなっております。

Mr.T様もお忙しいと存じますが、もしご見解について お聞かせいただけると大変うれしく思います。

まだ、全ての記事を読み切れておれませんが 少しずつ拝読しております。 今後も記事の更新に期待しております。

 

「Mr.T」の回答

「Mr.T」:不射精すべきか、時々射精した方が良いのかどうか?

ですが、こればかりは「その本人」によります。それを次回の記事で記載しようと考えていましたが、

「なぜ禁欲するのか、その最終的な理由は自分で決めなければならない」

となります。

不射精禁欲はその

「最終的な理由と負荷をかけ続ける肉体(肉の欲)との戦い」

でもあり、もし心の中に妥協点があると不射精禁欲は難しいと考えています。

そこを無理してしまうと、宮沢賢治の言っていたように大病をまねいてしまうので、「長期不射精禁欲はストップするべき」と考えています。

ただ、それを継続させ性エネルギーを身体に循環させたいとすると、

「筋トレ・スポーツやチャクラを意識した座禅・瞑想、そして信仰心を養うため経典や先人禁欲者の言葉を少しづつ読んでいく」

は必要だと考えています。

 

まとめ

以上で私からの回答とさせて頂きますが、ちょうどこの記事で区切りの良い「150記事目」となりました。

ご質問を頂いた読者の方に感謝をしなければなりませんが、不射精禁欲が続く限り「Mr.T」、記事を更新し続けたいと思っています。

ご清聴ありがとうございました。

広告

コメントを残す