オナ禁継続に効果がありそうな、クリシュナさんの「女禁」講座

(禁欲495日目・一食314日目)

最近読んでいる面白いオナ禁ブログがあります。


オナ禁スーパーサイヤ人さんの最近の記事

【番外編】「エロ禁」よりも「女禁」の方が効果あるぜっ!!

オナ禁スーパーサイヤ人さんの毎回、魂のこもった熱い文章が「Mr.T」は好きで、なにか私の前ブログ「禁欲97」の時を思い出させてしまいます。

今日の記事はオナ禁スーパーサイヤ人さんの伝えていた「女禁」について、私もクリシュナさんを読みながら関連ある文章を見つけましたのでご紹介します。

*クリシュナさんの文面は本文のままにしています。

クリシュナさん、ではどうぞよろしくお願いします。

 

ラーマクリシュナさんの「女禁」講義 その一

ラーマクリシュナさん: ハリパダ(クリシュナさんの元弟子)はゴシュパーラー派(別宗派)の女の手中に落ちてしまった。彼女から逃れる事は出来ないのだ。

彼は、彼女が自分をひざの上にのせてものをたべさせてくれるといっている。彼女は、自分は彼を幼子クリシュナと見なしている、と公言している。

私は彼に何度も警告した。彼女は彼を子供と思っていると言うが、この母親的な愛情が、じきに危険なものに堕ちて行くのだ。

お前たちもおわかりのように、女からは遠く離れていなければならない。そうすれば、神をさとることができるだろう。

よからぬ意図を持っている女たちと深くつきあったり、その手から物をたべたりするのはたいそう有害だ。彼女たちは男から霊性を奪う。

女に深く用心をしてはじめて、人は神への愛をもちつづけてゆくことができるのだ。

 

「Mr.T」: ひざまくらしてもらって、お口に「あ~ん」なんて羨ましいかぎりですな、美人の誉れ高いインド人女性って尽くしてくれるんですな。

私なんて妻からもしてもらったことなんてないんですが、日本人男なら若い女性からそれしてもらったら、みな「女禁反対派」にまわりそうですわ。

 

ラーマクリシュナさんの「女禁」講義 その二

ラーマクリシュナさん: お前たちは女には極度に用心をしなければいけない。女たちはゴパーラの態度をうんぬんする。そんなことに耳をかたむけるな。

「女は三界を食う」ということわざがある。多くの女が、ハンサムで丈夫そうな青年を見ると彼らの前にわなをしかける。

これが彼女たちの言う、「ゴパーラの態度」なのだ。

幼いころから離欲の心が発達している人びと、少年時代から神を慕って歩きまわる人びと、あらゆる世俗生活を拒む人びと、こういう人たちは別の階級に属している。

彼らは汚れのない貴族階級に属しているのだ。ほんとうの放棄の心が発達すると、彼らは自分たちの霊的な気分がこわされないように、女から少なくとも五十キュービット(25m)は離れているようにする。

ひとたび女たちにつかまってしまうと、彼らはもう汚れのない貴族の階級にはいられない。もっと低いレベルに落ちてしまう。

幼年のころから放棄を実践する人びとは非常に高いレベルに属しているのだ。彼らの理想は非常に純粋だ。彼らは無垢だ。

 

「Mr.T」: ゴパーラの態度・・・、ま~分かりやすくいうと色仕掛け、おもわせぶりな態度みたいなもんですな。

女は三界を食う、、、日本にも「女は三界に家無し」という似たようなことわざがありますが、下の意味から解釈すると男の中の「欲界・色界・無色界」を女は食ってしまうという感じのようなインドの解釈なんでしょうか。

ただ25mも毎回離れて話してたら、相手の話も聞こえない感じがするんですが・・・、日本ではちょっと無理そうです。


日本の「女は三界に家無し」の意味(goo辞書より引用)

《「三界」は仏語で、欲界・色界・無色界、すなわち全世界のこと》女は幼少のときは親に、嫁に行ってからは夫に、老いては子供に従うものだから、広い世界のどこにも身を落ち着ける場所がない。

 

ラーマクリシュナさんの「女禁」講義 その三

ラーマクリシュナさん:人はどうしたら情欲を征服することができるか。彼は女の態度をとるべきだ。

私は多くの日々を神の侍女としてすごした。女の着物をまとい、飾りを身につけ、ちょうど女のように、スカーフで上半身をおおった。

スカーフを身につけて、神像の前で夕方のおまつりを執り行ったものだ。それでなければ、どうして八か月間も、妻を自分のそばに置いておくことができただろう。

 

「Mr.T」:ヘリクツにも書いたんですが、

「女装して女の子のかわいいマネをする」

 

それははっきりいってお断りします!

ただ読者の方のなかではわかりません。

考えましたが、人にはいろいろな趣味嗜好がありますので、これで「なるほど参考になった!」という方もこれからでてくるかもしれないですし・・・

 

クリシュナさん、もうこのへんで、、、

ご講義ありがとうございました。

 

まとめ

今回はこれで最後なんですが、冒頭のスーパーサイヤ人さんとの「女禁」の記事コラボ、いかがだったでしょうか。

今回、クリシュナさんにほとんど講義をしてもらい、「Mr.T」は1記事分「後ろに座って楽してた気分」ですが、またこのように参考になりそうなものがあったらこれからもご紹介します。

誤解されるとまずいのですが「Mr.T」は女性完全否定の人では決してありません

禁欲者になるのであればクリシュナさんの言葉は重要となってはいきますが、オナ禁継続して「モテたい・彼女作りたい」という方は、上のクリシュナさんの言葉を参考にしながら

「そのくらいの意気込みでオナ禁に臨む!」

くらいで思っておくと「オナ禁のコツ」になるので、ちょうどよいのではないかと考えています。

 

(前回の記事とのギャップがすごいですね、在家禁欲者ってマジわからん)


前回の記事

私がオナ禁や禁欲をおすすめしないと言っているちょっと怖い理由

“オナ禁継続に効果がありそうな、クリシュナさんの「女禁」講座” への2件の返信

  1. ご紹介に激しく感謝っ!!!!

    しかし、
    「女装」は発想が斬新すぎて・・・ヒエ〜〜〜っっ!

    けど、
    「実践が大事」って言う話もあるので、
    うーむ、うーむ、うーむ、いつか女装もやらねば汗

    めちゃ勉強になりました!
    「禁欲97」も読みたかったです!!

    1. オナ禁スーパーサイヤ人さん、今回は記事コラボありがとうございました。

      このひとつ前の記事がシリアスな内容だったので、どう修正しようか迷っての今回の記事だったので、逆に助かっています。

      じょ、女装はわたしはしませんよ!

コメントを残す