長期禁欲を続けてチャクラ工事「マニプラの門」を突破させよう!

 

(禁欲458日目・一食277日目)

不射精禁欲も2016年9月17日から始めたので、ちょうど1年3か月を過ぎたところですが、身体の変化どうのこうのという事はなくいたって普通です。

子供からは「パパいい匂いがする」とよく言われますが、いまだにその良いとされる自分の匂いは自分ではよくわかりません、不思議ですね。

 

はじめに

以前の記事で不射精禁欲を長期続けると「禁欲前の素に戻る」と書きましたが、まったくその通りの状態となりました。

禁欲を始めた当初は「出来事シリーズ」にも書いたように、溢れんばかりの性エネルギーでなんとかその日その日を解消させようと空手、主に格闘技で身体をハードに動かし消耗させていました。


素に戻ると書いた記事

オナ禁・禁欲1年2か月超えて考える事。性欲に悩まされなくなる(禁欲437日目・一食256日目)

出来事シリーズ(前6部作)

「オナ禁・禁欲生活」初日から95日目までの出来事(禁欲 243日目・一食 62日目)

 

長期禁欲をしている現在の自分

現在はというと、家族と暮らし始めた影響もあるかもしれませんが、引っ越しにより道場まで遠くなってしまった事もあり「なんか行くのめんどくさいな・・・」などの、また禁欲前の「怠惰心」が出てきています。

ひとつここで言えることは不射精禁欲を長期続けると、もう当時のような「エネルギー解消をさせなくても良い」という事です。

長期不射精禁欲を行うと、性欲を完全に制御させてしまう(悩まされなくなる)状態となり、不射精で生活していることに「身体が完全に慣れて」しまうようです。

 

慣れてしまう不思議な人間の身体

この慣れてしまう事によって禁欲前の「素の自分」に戻った感覚になりますが、数日前に行った格闘技の練習では「フィジカル的なドーピングを打ったような禁欲パワーはいつもどおり」と確認しています。

もちろん負荷(ムラムラ感)を増幅させそうな「7種のサプリ」は今でも服用しています。

そんな不射精禁欲という天然のドーピングを長期間打った状態でも、長く日数が経過すると「それがふつう」と馴染んでしまうところが「人間の身体の神秘」なのかなと感じてしまいます。


自分が服用している7種のサプリについて

奇跡のオナ禁・禁欲効果のスピードを早める私の7種のサプリ(禁欲 240日目・一食 59日目)

そしてつい最近まで疑問だったのが「この解消させなくても良くなった、当時の溢れんばかりの性エネルギーは今は一体どこへ消えてしまっているのか?」といつも考えていました。

 

先人禁欲者の言葉

それはスワミ・シバナンダさんの「ウールドヴァ・レータ(精液が上に流れる)」なんだと思ってはいましたが、現在は今までブログの記事を書いていきながら「こういう思考」も出てきています。


やっと到達した不射精禁欲ブログ100記事目のお題「クンダリニ」(禁欲 320日目・一食 139日目)

この記事は覚えておりますでしょうか?

約5か月前の当時、念願の100記事目だったので超張り切って書いた記憶が今では懐かしいですが、ここで大事なのが「龍(蛇)が昇って超能力ゲット~!!」ではなく「クリシュナさんの言葉」です。

ここでクリシュナさんはこう言ってます。


人の心は普通はどこに宿っているのか。最初の三段階にである。これらの階段は、排泄器官(ムーラダーラ)と、生殖器官(スヴァーディスタナ)と、そしてへそ(マニプラ)とにある。

そのときには心は ”女と金” に執着し、世俗性のなかだけに浸っている。

 

「Mr.T(エムアール・ティ)」のこういう思考

長期オナ禁・禁欲が出来ない理由は前回記事にしましたが、クリシュナさんのスピリチュアルな観点と、私の最近の思いついた思考でのオナ禁・禁欲出来ない理由ではこうなります。

「世俗性の中だけで生活をしていると、どうしてもマニプラ(下半身)までのチャクラで障壁があり、そこで通れず性エネルギーが下半身で重く滞留してしまい上に昇れない、結果苦しみの思考が生まれリセットせざるを得なくなる」

「最低でもマニプラは突破させないと長期不射精禁欲は出来ない」

となります。


オナ禁・禁欲が出来ない前回の記事

オナ禁・禁欲の困難さと苦しみの思考、禁欲者・宮沢賢治の一例(禁欲451日目・一食270日目)

 

7つのチャクラをダダダっと工事

これを自分に当てはめると「解消させなくても良くなった自分の性エネルギーはどんどんと他のチャクラの工事にまわされているのかな」と、現在は感じています。

(ちょっと欲を言うと「アジナ(眉間)」あたりまで既に開発中だと、超嬉しいのですがね・・・)

冗談はさておき「ではどうやってマニプラを突破させるのか?」となりますが、やはりそこは筋トレにしろスポーツにしろ武道・格闘技にしろ、在家にいるのであれば「オナ禁・禁欲当初は身体をハードに痛めつける」くらいのことは必要だと感じました。

いわゆるこれが一昔前で言う「苦行」に分類されるかもしれません。

 

今までのカラダを脱ぎ捨てろ![ライザップ]気になるBefor Afterはこちら

まとめ・マニプラの門

そして次の読者の方の疑問としては「それじゃいつまでそれを続ければ良いのか?」となりそうですが、そこは最初に書いた「不射精禁欲を長期行い、性欲を制御出来て、もうそんなにハードに解消させなくても良くなったと自分で思ったとき」ではないでしょうか。

「マニプラの門を突破した瞬間」かもしれませんね。

 

でもわたくし格闘技はやめませんよ、クリシュナさんや他の先人禁欲者とはちょっと違った「戦闘力ある在家禁欲者」を目指したいので・・・(どっかでこのセリフ書いたような?)

また下のように無意識の中で「音を聴く」ことにより脳を活性化させてチャクラを開く方法もあります。(オナ禁・禁欲よりこっちの方が全然楽かも、、、)

サイババさんとかの「マントラ」なんかもその一種ですね。

では今日はこのへんで



聴きながら眠るだけで7つのチャクラが開くCDブック

“長期禁欲を続けてチャクラ工事「マニプラの門」を突破させよう!” への2件の返信

  1. 初めまして。コメント失礼いたします。
    以前からこのブログを拝読させていただいています。

    自分は、20歳、男性です。
    禁欲109日目 禁煙39日目でうまく継続しております。
    このブログを読み共感できる部分が多々あり、とてもためになっております。
    日を増すごとに1日の重さを感じ思考も変わり続けている状態です。
    性行為をしている時には考えもしなかったことを今では考えるようになり、物事に対しての捉え方や感じ方も変わった気がします。
    集中力もまし女性や性行為に囚われることもなくなりました。
    ブログでも記述してあった通り意識が徐々に上に上がっているのではないかと自分自身では感じています。

    一日二食の生活を2週間ほど前から始めていましたが様々な効果を感じたので一食にも移行していこうと考えています。
    若返った感覚というか、禁欲、禁煙、トレーニングの効果も重なってか、奥二重だった目が二重に変わったり目力が付いたりなど絶大な影響がある事は確かだと思っています。
    これからも継続していくのでまた何か変わればコメントさせていただきます。

    長文失礼いたしました。
    更新楽しみにしています。

    1. ザワさん
      コメントありがとうございます。このブログがお役にたてて大変光栄です。
      まだ20歳と若く、テストステロンと性エネルギーの吹き上がりが一番高いこの時期にもう100日以上の禁欲が出来るとは恐れ入ります。

      ご察しの通り不射精禁欲が長期続ける事ができるようになると意識が変わります。何か解らない閃きのようなものが頭に次々と湧き上がる感覚もあるかもしれません。
      20歳の一番強い性エネルギーの吸収なのでその意識の変化は目覚ましいものかもしれませんね。

      そのエネルギーを制御し上手く使えるようになると、ザワさんのこれからの人生の飛躍度は格段に違うだろうと思います。
      ただ無理をしないでくださいね、記事に書いたように無理しすぎて宮沢賢治のように病気になると大変なので。

コメントを残す