オナ禁・禁欲ブログは超難しい!今まで書いてきた本音と理由です

(禁欲456日目・一食275日目)

 *今日から禁欲・一日一食日数はこっちに書きます、題名が毎回長くなるのが私のこのブログの悩みだったので

次の禁欲記事は12月18日に投稿予定ですが、今日はちょっと今までこのブログで記事を書いてきた感想などを書いてみます。

オナ禁・禁欲、そしてもうひとつの一日一食、たまに睡眠欲の事を書いてきたこの人間三大欲禁欲ブログですが今までの感想として、、、

 

はじめに・難しい!

真っ先にあがる感想「非常に難しい!」、この一言に限ります。

なにがそんなに難しいかというと、まず・・・


ブログ作成者が必ず禁欲者でなければならない!

これは当たり前のことですが、作成者が禁欲者だから読者の方は足しげく読みに来てくれていると感じています。

禁欲者でもないのにオナ禁・禁欲ブログを書いても「無価値」「説得力がない」のも知っています。

また禁欲者でなければなかなかスピリチュアル(宗教)を交えた禁欲ブログの記事作成は難しいと思いますが、もうひとつ・・・


代筆がきかない!

これが痛いところでもありました。

 

他のブログ成功者の方は

このブログを作成しながら、数10万から100万以上のPVをはじき出す他のブログ成功者の実践方法を参考にもしていますが、よく「クラウドワークスなどで代筆・ブログ記事を作成して記事数を積み重ねていく」があります。




しかし「オナ禁・禁欲ブログだけはそれが出来ない・通用しない!」のです。

これはオナ禁ブログを書いている他のブロガー皆さんにもあてはまると思います。

例えばブログの中でも、ある程度PV数(訪問客)を稼げそうな人気の高い「ゲーム」や「i-phone」などに関するテーマはそれに精通した人、知識を有する人は世の中にごまんといると思います。

ただ禁欲ブログ、このテーマだけは・・・、見つけるのは「至難の業」なんです。

スワミ・ブラマーナンダさん風に言うと

「というよりむしろ不可能である。」

と、ま~こんな感じなんです。

 

禁欲者なんてそうそういない

まして「1年以上の不射精・在家禁欲者を探して記事を書いてもらう」なんて、不可能に限りなく近くなります。

そして1年以上経過したオナ禁・禁欲効果を表現すること自体もだんだんと難しくなっていきます。

ただ淡々と不射精禁欲の日数を重ねていって思った事をかけば良い利点もありますが、そうそう簡単に禁欲記事に関するひらめきなど毎日湧くはずもなく、また禁欲日数を重ねるにつれ内容の薄っぺらいペラ記事などは書けなくなっていきます。

100記事到達してからの記事投稿のペースダウンはこのような理由でもありました。

 

禁欲、このテーマって・・・

しかし4月から継続して記事を作成してペースダウンした後も、読者の方のおかげもありPV数は毎月右肩上がりの階段のような形をしながら、ゆっくりと伸びていっています。

しかしここで気づいた盲点だったのが・・・


内容が非常にニッチすぎる

よくブログでは「バズる」という表現があり、今注目の話題と記事が合致するとPVが一気に伸びるという現象が起こります。

しかし禁欲ブログは「ニッチすぎて、そして地味」なので、それがまったくありません。

これはブログを書いていって感じた事なので仕方がないかもしれませんが、ただオナ禁・禁欲ブログは「一過性のものではなく、人間が滅びない限り永遠と続くテーマ」なので「廃れる事はないだろう」と信じて今でも続けています。

その理由の一つとして、このブログのセッションは9か月目の現時点でも「3.4」です。

個人のブログとしては高い方だと思うのですが、これは決して自慢ではなく、これだけ禁欲とは「人と切っては切り離せないもの」だと痛感しています。

 

本音としては

不射精禁欲効果でひらめくのであれば毎日でも投稿し、200、300と記事を積み重ねていきたいのが本音です。

長期不射精禁欲を続けると「スピリチュアル(宗教的)になる」と、今まで書いてきましたが、確かにスピリチュアルだけに重点をおくとまだまだハイペースで記事は積み上げてはいけます。

ただ、あまりにもそっち方面ばかり書くと「気持ち悪い宗教ブログ化」してしまうので、ここも今までバランス配分を考えてブログを運営・記事作成してきたつもりでした。

 

まとめ・禁欲ブログはホントに難しい

今日はなにか窮状を訴えるような記事となってしまいましたが、それほど禁欲ブログとは難しいものです、難しさをまざまざと実感させられています。

食欲・一日一食の記事を量産させれば良いかもしれません。

これも食欲禁欲・ファスティングの一つで大変重要だと思うのですが、非常に人気がなくうすく、全記事ランキングの底辺をうようよしているのが悩みのたねでもあります。

読者の方でだれか禁欲に関するほかに「お題・ネタ」はありますか?、あったら教えてほしいくらいの今日この頃でした。

これもいろんな方のオナ禁ブログが続かない、負荷(ムラムラ感)とは別の「もうひとつの理由」かもしれませんね。

“オナ禁・禁欲ブログは超難しい!今まで書いてきた本音と理由です” への6件の返信

  1. はじめまして
    いつも拝読させていただいてます
    更新をとても楽しみにしております ヒデと申します

    自分としては
    禁欲の効果について たくさんお話ししていただければ 嬉しいと思います
    また 砂糖禁を最近はじめてるので その話もしていただけたらなんて考えてます

    これからも記事更新楽しみにしてます!
    応援してます!

    1. ひでさん、コメントありがとうございます。

      禁欲の中でも砂糖禁、カフェイン禁、お米・穀物までも禁じてしまう僻穀(へきこく)なんてのもありますね。
      あとはわたしに必要そうな禁酒など・・・

      こんど機会があったらそれらをひっくるめた記事作成を考えてみます。

  2. 定期的な更新ができる、別のブログ管理者ではなく、単発で記事募集するのはどうでしょう。私は禁欲79日ですが、短いからこそ、記憶が新しいからこそ、超猿だった頃との違いが分かったりしますよ。
    記事や体験談を募集して、それに長期禁欲であるブログ主が解説するようなことを提案します。

    1. スノーさん、コメントありがとうございます。

      「クラウドワークスなどでオナ禁に関する体験談のような記事を作成してもらい、それに自分が付け加える・・・」

      グッドアイデアですね、そうすると定期的な記事投稿が可能となっていきます。
      ご提案ありがとうございます、検討してみます。

  3. ちなみにですが、私は禁欲60日目位で、女友達から顔つきが変わったと言われました。
    私は仏教としての教えを少しだけ学び禁欲を始めたせいか、煩悩が消えた感じとか浮き世離れしていると言われました。
    余分なエネルギーや性エネルギーを普段から意識しているせいか、自分のことを今までより深く知れたような気がします。まだまだ拙いですけど笑
    禁欲をすると発散できない欲が浮き彫りになるので、それを知ることで自分自身を掘り下げていくことが可能になるのではないかと思います。
    それを全て知ることが、複数あると言われている、段階があると言われている、覚りの一つの扉を開けたことになるのではないかと考察しています。

    1. スノーさん、コメントありがとうございます。

      自分のことを今までより深く知るは ”原始仏教・お釈迦様のいう「己を知る」” に通じるところがありますね。
      わたしもまだ1年ちょっとですが、不射精禁欲を今後も続けていくと更にそれは深まるものだと考えています。

      仏教の悟りといえば「空」ですが、その域まで到達するってどれほどの修行が必要なんでしょうね。

コメントを残す