女性がオナ禁するとどうなるか?巷の半年間の禁欲効果をちと検証(禁欲 416日目・一食 235日目)

本当はこの分野の事は書きたくなかったのですが・・・

「男のくせに女性の何が分かんの!!」なんてコメントが来てしまったら、返す言葉もないですし・・・

でもこのブログの常連読者の方の「1割は女性」という点も踏まえ、今回は記事にしてみようと思いました。

 

はじめに

性が違うのであまりにも深い事は書けませんが、今回は私が不射精禁欲を続けてきた目で異性を観察した結果、なんとなく解って来たことを書いてみます。

結局、男も女も人間(生き物)ですので、禁欲をすると女性でも禁欲効果は発生するでしょう。

ただ、なかなか「女性の長期オナ禁・禁欲ブログ」というものが見つかりません。

ひょっとしたら「男よりも困難なのでは?」と感じるほどです。

 

基本ベースは男とほぼ同じ


巷にまことしやかに囁かれている奇跡のようなオナ禁・禁欲効果(禁欲210日目・一食29日目)

上の記事は「男性版の禁欲効果」ですが、男女ともに同じ人間ですので、たぶんフィジカル的な基本ベースは「これと同じ」だと思います。

今回の記事もこれをベースとして書いていきます。

ただわたくし「Mr.T(男性)の視点」なので、女性の読者の方は鵜呑みにせず「あくまで参考程度」でお願いします。

 

女性の禁欲効果・序盤(たぶん1か月~2か月・・・)

・目覚めが良くなる

・行動力が向上

・明るく前向きになる

・短眠効果

・肌質向上

エネルギーを無駄に放出させない結果、体内にそのフィジカルなパワーを温存できますので、上の効果が現れてくると思います。

肌質向上は男もそうですが、真っ先に外見に表出する禁欲効果(一日一食・サーチュイン遺伝子含む)ですので、これは感じられると考えます。

さらに下記の記事で書いた、女性のエネルギーの源である「感情パワー」が、より良い方向へ作用していきます。


オナ禁して女性の本質をちょっと利用して良い彼女をつくる方法(禁欲 406日目・一食 225日目)

 

女性の禁欲効果・中盤(3か月~4か月・・・たぶんだよ)

・異性に意識される

・顔付きが変わる

・痩せてくる 

・異性からの誘いが多くなる

エネルギーの蓄えは何もしなければ「身体に大変な苦痛」を伴うので、女性も何かしらの運動・スポーツをしなければなりません。

温存された強大な性エネルギー解消のため、日々ハードにスポーツをすると必然的に痩せていきますし、無駄な脂肪も燃焼され、顔つきも変わっていきます。

そうなると男性から「あれ?、最近なんか変わったね!」など、意識された(気にかけられる)言葉が出てくるのではないでしょうか。

 

女性の禁欲効果・終盤(5か月~6か月・・・だと思います)

・思慮深くなる 

・思考が変わり別人になる

・人を見分ける能力開花

・男女の気持ちが理解できる(女性本来の”慈愛の精神”の目覚め)

・本当に良い男(自分にとって)の見分けがつく

・集中力の上昇

・ハイスペックな男性にモテだす・誘われる

・頭が冴える 

ここまできてしまうと「ほぼ男と効果は同じ」です。このブログ全体を読んで頂ければ、なんとなく読者の方も推察できると感じます。

他の「物事の本質をとらえる」「勘が鋭くなる」は、もともと女性は自分を守る為に「勘は鋭い」ので外しました。

このあたりまで来てしまうと「フェロモン・オーラ・肌からの女性らしい艶やかさ」など、見た感じから身体から噴き出しているのが「他人から見ると一目で解る」かもしれません。

 

発生する女性本来の慈愛の精神

ただこの中で一番重要なものが「いろんな男性からのモテモテモテフェロモン・エストロゲン発射!」ではなく、本当は「男女の気持ちが理解できる(女性本来の慈愛の精神の目覚め)」だと思います。

男の場合(私の直感)では悟り(メダ神経)に向けて「長年の謎が突然解ける」でしたが、ここが男女のちょっと違うところかもしれませんね。


メダ神経についてちょっと記載

オナ禁365日・1年到達!ついでに一日一食半年経過の効果効能

「慈愛の精神ってなに?」と思われるかもしれません。

ここは表現が難しく「誰に対しても隔たりない深い愛情」、実在の皆さんも分かりやすい人物で言うと「マザーテレサ」「ナイチンゲール」、このような偉大な女性だと感じます。

 

非常に苦しい女性の禁欲

上にリンクを貼った「彼女を作る方法」で、私は「男は性欲、女性は(利己的な)感情」と書きました。

オナ禁・禁欲をする上で女性は世の禁欲男子のように、込み上げてくる性欲の負荷(ムラムラ感)との闘いはありません。あってもそれほど強くはありません。

「では何か?」となると、女性は自分の内面に吹き荒れてくる「感情の嵐」と対決しなければなりません。

その記事で書いたように、女性は本能からくる利己的な感情の起伏は男よりも非常に激しいので、男が思っている以上に壮絶な「感情的苦痛」をオナ禁・禁欲で味わいます。

その女性の利己的な感情の闘いとは「嫉妬心」などの「女性特有のマイナスの感情」で、それがオナ禁・禁欲により強烈に増幅されます。

解りやすく例えると、男はオナ禁・禁欲で性欲がかける負荷(ムラムラ感)で「グエ~ッな感じ」ですが、女性は感情の嵐が引き起こす自己の醜い感情の葛藤で「いや~っ!という感じ」で苦しみます。

女性のオナ禁・禁欲はその感情コントロールにおいて、男よりも「壮絶な内面の闘いと苦しみ」が要求されてしまいます。



自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン


 

まとめ

いかがでしょうか?

冒頭に書いた「女性の長期オナ禁・禁欲ブログがない」のは、このように男が想像している以上に「感情の嵐が苦しく耐えられないから存在しない」かもしれませんね。

ただ男女共に「かけられる負荷は違えど苦しさは同じ」です。

日々「己(内面)を鍛える修行」と思い耐えきれられると、上記のようなメリット・禁欲効果が与えられるので、女性でも「トライする価値」はあるのではないでしょうか?

ではこのブログの1割の女性読者の方、健闘を祈ります。


女性においても、保存された性エネルギーはプラーナに変わる。真に人々を助け、良い人間関係を作ることを可能にしてくれるのは、この生命力である。

スワミ・サッチダーナンダ

 

おまけ

また、長期オナ禁・禁欲をすでに実施している女性の方で、上のメリットの他に「こんなのもあるよ」など発見出来たらコメントいただけたら幸いです。

上のメリットに追加効果で記載したいと思います。

ただ、決してこのブログで「オナ禁おすすめしているわけではありません」からね・・・

 

おまけのおまけ(2018年2月19日追記)


この女性のオナ禁記事を投稿してからの閲覧数の伸びが尋常ではありません。そのうちに不動の1位だった・・・


151日以降の射精しない人のその後の禁欲効果の実際(禁欲226日目・一食45日目)

世の男性のためのこの記事も追い抜かれてしまうでしょう。

この記事を読んで頂いている読者の方は大半が女性だと思いますが、女性が本気になると感情パワーは嵐のような追い上げを見せそうです。

ここでおまけのおまけですが、このユーチューブの動画は

「女性が8か月間オナ禁した効果」

を女性が説明してくれています。

やはり同じような事を言っていますが、世の女性は必見ですね。オナ禁前とオナ禁後の顔つきの変化が・・・

ちなみに説明してくれている男性も「オナ禁者」でしょう、そういう顔つきです。

「Mr.T(エムアールティー)」はわかるのです、フフフ・・・

広告

コメントを残す