ヒトラーさんの予言で「Mr.T」が妙に気になってしまったところ

(禁欲 395日目・一食 214日目)

未来の社会はどんな様相を見せるだろうか。同志諸君、申し上げよう。

まず闘争によって選りぬかれた貴族階級が現われる。

新しい中産階級、無知な大衆、新しい奴隷、仕えるものの集団、「永遠の未成年者集団」があろう。

そしてこれらすべての上に、さらに新しい貴族がある。特別の指導的人物である。

このように、支配をめぐる闘争によって、国の内外に新しい身分が成立する。

しかも「東方が巨大な実験の場」になる。そこに新しいヨーロッパの社会秩序が生まれるのだ。

by アドルフ・ヒトラー

 

はじめに

以前の記事で「ヒトラーさんはたぶん在家禁欲者であろう」と記事にしました。


アドルフ・ヒトラーはまさに在家禁欲者(禁欲 372日目・一食 191日目)

上の文章はまさにヒトラーさんが言った予言の一つなのですが、わたくし「Mr.T」が非常に気になる一説でもあります。

不射精禁欲を続け在家禁欲者になると、過去の出家・在家禁欲者達の言い放った言葉に「非常に興味を持つ」ようになり、

また経典などの意味を意外と「サクッと理解出来る」ようになっていきます。(人によるでしょうけど、私がかなり変なのかも・・・)

 

「Mr.T」の素朴な疑問、「永遠の未成年者集団」って何でっか?

ヒトラーさん:よろしい、では解説してやろうハンス。

私が言った未来に現われる「永遠の未成年者集団」というのは、もちろん「死ぬまで大人になりきれない人間たち」ということだ。

そんなことは、厳しい正常な社会ではありえない。だからそうなる背景には、甘やかされた異常な社会」が当然ある。

その中で、同じように大人になりきれない親に、愛玩動物のように育てられるため、子どもも成人しても真の大人になれないのだ。

(ヒトラーさんの部下、ハンス・フランクに語った一説)

 

なんか妙にひっかかるのです

この永遠の未成年者集団って・・・

名指しで非難するわけではないですが、なんか日本にもたくさんいらっしゃる気がしてなりません。(かの日本一の電気街とか・・・)

確かに戦争もなくAV産業や性風俗にも寛容で平和な今現在の日本は、ヒトラーさんから見ると「甘やかされた異常な社会」と思われるかもしれません。

東方が巨大な実験の場」・・・それが日本ではないと「Mr.T」は最近つくづく祈るばかりでございます。

私自身は「不射精禁欲なんてやりたいやつがやればいい」という永遠のスタンスなので、モノが豊かで争いも起こらなければ、

「永遠の未成年者集団でも全然いいんじゃな~い」なんて考えています。

「平和で争いも巨大災害も永遠に起こらなければ」ですけどね・・・

 

まだまだ気になる部分はあるのですが・・・

また今後、ヒトラーさん曰く、

もう生まれているかもしれませんが「ユーベルメンシュ(超人)」、そして「ゴッドメンシュ(神人)」が2039年までに現れるそうです。

そして調べていくにつれ、その「ユーベルメンシュ」をヒトラーさんは「自国ドイツで育てていきたかった」という、

ある意味「壮大な在家禁欲者の野望」もうかがい知ることが出来ました。

在家禁欲者&予言者でもあったこのヒトラーさんも「ユーベルメンシュだった」かもしれませんね。

そう考えると「お釈迦様」「イエスキリスト」「ムハンマドさん」「クリシュナさん」などは「ゴッドメンシュ」ということなのでしょうかね~?

不射精禁欲って、底が深すぎてなんか面白すぎますね。

えっ、わたしだけ!?

 

まとめ

あと最近思うのが「在家禁欲者」という、日本語のなんか痛々しいニックネームよりも「ユーベルメンシュ」というニックネームが

「超カッコイイ、この呼び名にしたい。。。」と妙に惹きつけられてしまうのは私だけでしょうか・・・?



ヒトラーの終末予言 側近に語った2039年


上の本は予言者ヒトラーとして放った色々な予言が書かれ、かなり的中させていますが、

あまり根を詰めて読むことは私はお勧めできません。

禁欲者の言い放つ言葉は「かなりぶっ飛んでいる部分」が多く、また「引き込まれやすい」という点があり、

一番やっかいなのが「禁欲していないと宗教のように洗脳されやすい」という事もあるからです。

(ユダヤ大量虐殺、国民が許容なんて洗脳状態でないとまず実現不可能です)

ま~今の時代、平和で争いがなければ結局は「ほどほどが一番」ってことですね。

なんども言いますが「Mr.T」は「ナチス思想」「ヒトラー崇拝者」では決してありませんからね。

ごく普通の禁欲している一般人でありんす。

コメントを残す