道後温泉出張編・超簡単禁欲日記(禁欲 378日目・一食 197日目)

現在、出張中でなかなか記事が書けないでいます。

今日は簡単な日記にしてみます。

というのもパソコンの接続がおかしいのか、ホテルからインターネットをつなげているのですが、うまく画像の貼り付けや文字がうてない状態です。

 

はじめに・道後温泉にて

本日は愛媛の道後温泉にいますが、明日から国体のようで街中に選手団らしき人がたくさんおり、記念写真など道行く人と撮り合っています。

温泉にも選手と思われる人がたくさん湯につかっていましたが、皆さんマッチョな引き締まった身体つきをしています。

一目で「男子選手の皆さまオナ禁者様ですな・・・」と見て解りました。やはりオナ禁者独特の雰囲気というか、自信に溢れたオーラが出ています。

わたくし「Mr.T」、温泉につかりながらふと頭をよぎったのが「ま~、自慰ばかりしている人が、国の大会選手に選ばれるわけないか・・・」と湯けむりの中、ほわほわと思いました。

 

禁欲して良かったと思った事

自慢ではないですが自分も空手・格闘技の影響で去年3月までのどうしようもないメタボ腹から、今では多少なりとも引き締まってきたので温泉の中でも「国体選手の前で、まだ少しは恥ずかしい思いはしていないかな」と思っています。

超簡単日記ですが今回読者の方に一つ助言出来るのは・・・

オナ禁・禁欲をすると、どうしても当初は身体を鍛えなければやってられないので、私のようなメタボだった人でも「恥ずかしくないそれなりの身体になる」と思います。

 

ちょっとした優越感

温泉・海水浴・プールなど人の前で身体を見せる機会があると、引き締まった身体をしているだけで、ちょっとした優越感を持てたりします。

みなさんも友人や仲間内で裸になる機会があると「どうしても相手と自分を見比べてしまう」という経験はあると思います。

例えば私のように家族持ちだと、学校の行事や友達家族どうしのイベントで海などで身体を見せる場面があると、他のお母さんたちの熱視線は・・・

あとはご想像におまかせしますが、このようなちょっとした優越感が嬉しく、その時にこう考えます「鍛えておいてホント良かった」と・・・

(もちろんそこで口に出して自慢しちゃ台無しですからね)

 

まとめ

文字数少ないですが今日はこれで勘弁してください。

ただ、もし私もこの禁欲効果を若い10代の頃から知っていて、すぐには出来なくてもオナ禁重ねる努力していたら、国体選手とまでは行かなくても「人生変わっていただろうな」と思いました。

人生半分過ぎたアラフォーおっさん、気づくの遅すぎですね。

今日はパソコンがおかしいのでグチみたいな日記となってしまいましたが、「Mr.T」の禁欲&一日一食はブログ更新出来ていなくても、ごく普通にこれからも続いていく予定であります。

(2017/12/13に修正・加筆しました)

広告

コメントを残す