アドルフ・ヒトラーはまさに在家禁欲者であった身体的特徴とは?

(禁欲 372日目・一食 191日目)

今回の記事は在家禁欲者の「身体的特徴」みたいなものです。

お断りしておきますが、決して「Mr.T」はナチス思想や悪魔崇拝、チベット密教など、そんなおっかない類ではありません

 

はじめに

みなさんもご存知のかの有名な「アドルフ・ヒトラー」、この方はもとは芸術家志望でしたが方針転換し軍に所属しました。

その後はご存知のとおりメキメキと頭角を現し、若くしてドイツの総統にまで昇りつめた人物となります。

詳しくはここでは書きませんが、ヒトラーさんの経歴についてはネット上にたくさんの記載がありますのでご参照ください。

 

アドルフ・ヒトラーの目 その1

禁欲効果の記事で書きましたがオナ禁・禁欲の日数が長くなってくると相手がオナ禁者・禁欲者かが見て解ってきます。


巷にまことしやかに囁かれている奇跡のようなオナ禁・禁欲効果(禁欲210日目・一食29日目)

まさにこの写真で見ると「禁欲者だな」と感じるのは「目」です。グンと黒目が上に引きあがっています。

この写真はニ、三十代のかなり若い頃のものだと思いますが、このころからすでにガンガンと吹き上がる性欲を制御していたのですから、その点に付いては恐れ入ります。

また肌の張りもよさそうで、自慰による顔のむくみも全然見当たりません。

 

アドルフ・ヒトラーの目 その2

この写真を見るともうお解りだと思います、「相当の目力」です。

在家禁欲者になるとこういう目になっていくのが、皆さんもオナ禁・禁欲をしていくと理解していきます。

黒目は上にグンと持ち上がり以前の記事に書いた「下三白眼」になっています。


長期禁欲による目力改善そして魅了へ(禁欲 236日目・一食 55日目)

ちなみに自慰をするとこの目力は格段に落ち、黒目がストンと下がり下三白眼ではなくなります。

またエロ動画見て自慰ばかりしていると、どよ~んと「魚が死んだようなへらへら目つき」となってしまいます。

 

アドルフ・ヒトラーの体つき

私もさすがに「ヒトラーってシックスパックこんなにムキムキだったんだ、ひえ~!」と当初はビックリしました。

ただ冷静に考えるとそれもそのはずです。

「在家禁欲者」なんですから・・・、逸話もたくさんありますが女性にも「異様にモテていた」そうです。

私も今年6月までの単身赴任中は空手・格闘技の練習を毎日ガンガンこなして性エネルギーを発散させていたので、この身体に近いものがありました。

ただ現在、家族と一緒に暮らし始め、なかなか練習に行けないのもあり正直腹筋メリメリはがれ落ちてきています。(悲しいかな・・・)

 

まとめ

こう考えるとアドルフ・ヒトラーって「もしハリウッド俳優になっても全然行けたな」なんて考えてしまいます。

もちろんそこには前回記事にした在家禁欲者としての「継続させ続けるストイックさ」がなければなりませんがね。


オナ禁・禁欲で育まれる男の望む心の強さストイックさ(禁欲 369日目・一食 188日目)

ただ思うのが「なんでこんなカトちゃんみたいなチョビ髭いつも生やしてたんだろ?」と感じていました。

「なければもっと良いのに」と思うのは自分だけでしょうか?

ま、本人からすると「余計なお世話だ!」と言われそうですけどね。

 

おまけ

あと、この方は禁欲者には多い菜食主義、そして「予言者」でもあったみたいです。

予言できるということは、性エネルギーを極限にまで溜めて「クンダリニ」でも起こしたのかもしれません。

クンダリニを起こすと霊界と自分の霊がつながり、「天界の神秘的な霊の力を手にする」と言われています。

ただ、ヒトラーさんに味方についてしまったものが「ルシファー」というのがもっぱらの当時の噂でした。


やっと到達した不射精禁欲ブログ100記事目のお題「クンダリニ」(禁欲 320日目・一食 139日目)

ただ、ルシファーなんて私の例えで言ってみれば・・・

携帯ゲームでよくある「★5の超激レア霊!」みたいなカードをゲットしたようなものです、なんともすさまじい。

もしわたしが長期禁欲して仮にクンダリニ起こすことが出来たとしても、仲間になるのが「★1か2のノーマル霊」あたりなんでしょうね、どーせ。


ヒトラーさんの予言で「Mr.T」が妙に気になってしまったところ

また「予言」については、上の記事で少しだけ私が気になるところだけを書いてみました。

しかしもっと気になる方はご自分で調べてみてください、その点についてはネット上にたくさんの記載があります。

しつこく書きますが「Mr.T」は「ヒトラー崇拝者では絶対にない」ですからね!



ドキュメント アドルフ・ヒトラー 狂気の野望 DVD10枚組 ACC-077

コメントを残す