オナ禁・禁欲による性欲の負荷(ムラムラ感)と食欲の飢餓感(禁欲 361日目・一食 180日目)

他の方が書いている数々のオナ禁ブログがあります。

残念ながらリセットしてしまい それを報告したり、負荷(ムラムラ感)がどうしようもない状況やその苦しい心境など色々と書きつづっています。

 

はじめに

最近、他の方のオナ禁ブログを仕事前に眺めていると、その辛い状況・心境が非常に理解できるので、読んでいる私までもがつられて負荷(ムラムラ感)で仕事前でありながら大変(ムラムラ)な状況になってしまいます。

そんな状態になるのなら初めから読まなければ良いのですが、やっぱり同じ禁欲しているものどうしなので気になって見てしまいます。

 

目覚めの時からムラムラ感はやってくる

負荷(ムラムラ感)は「午前中に来る事が多い」と書かれていますが、まさにその通りで私も「朝起きた目覚めの瞬間から」やってきます。

これは睡眠を取り気力・体力ともに回復していることから、性欲も回復して最高潮に高まっている結果だと思うのですが、起きた瞬間からなので結構辛かったりします。

そしてDHEAや亜鉛などのサプリをトマトジュースで摂取します。

たぶんDHEAがいたずらするのかもしれませんが、負荷(ムラムラ感)は摂取後しばらくして強烈なピークを迎えます。(この時間帯で冒頭に書いた他の方のオナ禁ブログを読むので、それはそれは大変なのです)


奇跡の禁欲効果のスピードを早める私の7種のサプリメント(禁欲 240日目・一食 59日目)

奇跡の禁欲効果の原点!?その名も「DHEA」(禁欲227日目・一食46日目)

禁欲には欠かせないトマトジュース(禁欲201日目・一食20日目)

 

次にやってくる食欲の飢餓感という負荷

しかし永遠と続きそうなムラムラの苦しみですが、AM10時を過ぎた時点で不思議と収まっていきます。

ムラムラ感が通り過ぎるとオナ禁・禁欲者にとっては「ホッと束の間の瞬間」かもしれませんが、私の場合は少し事情が違ってきます。

夕食しか食べない一日一食者でもある私は、次に朝食を摂っていない事による食欲の「飢餓感」がやって来ます。

一日一食にして早いものでもう半年を経過しようとしますが、結局これも性欲のムラムラ感と同様、慣れるということはありますが、無くなるということはありません

 

飢餓感のピークはちょうどお昼時

そして次に来るこの飢餓感もかなりのあいだ続き、12時頃のちょうど「お昼時」に強烈なピークを迎えます。

このお昼12時のピークというものは大変つらいものであり、以前の食欲デメリット記事で記載しましたが性欲とは違い、外出すると外は「食べ物だらけの残酷な世界」なので、一日一食者を目指す人にとっては誘惑に負けない「強靭な精神」が必要となっていきます。


一日一食のデメリット(禁欲216日目・一食35日目)

ただこれが一日一食者にとっての強靭な精神を養う「日々の修行の場」なのかもしれませんね。

読者の方の中には「これも永遠と続きそう」と思うかもしれませんが、不思議と13時を過ぎたあたりから飢餓感は消えていきます。

サーチュイン遺伝子が活動しはじめ「オートファジー効果を発揮」しているのかもしれません。


美肌、ダイエット、健康、長生きすべてに通じる夢の遺伝子「サーチュイン遺伝子」(禁欲212日目・一食31日目)

お問合せフォームから頂いた読者の方からのコメント(禁欲 346日目・一食 165日目)

 

まとめ・禁欲修行とオナ禁ブログ

結局のところ性欲によるムラムラ感も食欲による飢餓感も、身体にかかってくる「共通だが異なった2種類の負荷」でしかなく、毎日やってはきますが必ず収まります

「一時も休む事なく永遠にもがき苦しめ」という悪魔のような身体の造りになっていないところが「オツなところ」だと感じています。

最後に冒頭に書いたオナ禁ブログ、お勧めできるのは「100日ほど経過(達成)したのちに作成」するのが良いかもしれません。

結局、1日目からスタートさせて文章を書いても脱落する可能性が「非常に高い」、前の記事で書きましたが「ほとんど全員が脱落する」ので、それが「ただのリセット報告ブログ」もしくは「放置ブログ」の原因なんだと思います。


皆が皆オナ禁・禁欲が出来ると経済は崩壊してしまう、しかし!!<後編>(禁欲 357日目・一食 176日目)

私の以前のブログも96日目からスタートさせましたが、そのくらい経過させなければオナ禁・禁欲効果についての説明は、なかなか「難しいもの」だと感じています。

さて次回、2017年9月16日は不射精禁欲とうとう「1年達成の気合入れた記念記事」を投稿します、お見逃しなく。

コメントを残す