(オナ禁怪談話)長期オナ禁・禁欲をすると霊感が強くなるのか?(禁欲 337日目・一食 156日目)

これはついさっき起こったことなんですが、もしかするとそう(霊感が強くなる)なのかもしれません。

自分で霊主肉従の記事で霊を書いておきながら、いまさらと言えばいまさらなんですが・・・

 

はじめに

単身赴任を終え家族たちと赴任先で暮らしはじめました。

もちろん今まで住んでいたシングルルームでは狭すぎて住めないので、現在は「一軒家」を借りて住んでいます。

その一軒家に引っ越してきて2、3日経ちました。

2階の自分の部屋にいて少し仕事をしていたとき、すぐそばで鼻をすするような「すすり泣き」を聞いたのが始まりでした。

家族たちは1階でテレビを見ていたのでそばにはいません。寝る前に妻にその事を話し、翌日妻は一人で確かめたようですが聞こえなかったようです。

ちなみにこの物件は「いわく付き物件」ではなく、私たちの引っ越す直前まで人が住んでいました。もちろん「大島てる氏のサイト」でもチェックはしました。

 

今日の出来事 その1

現在、3人の子供のうち上2人は実家に行っており不在で妻も朝から出かけ、末っ子と2人きりです。あと玄関に犬もいます。

末っ子はねぼすけでずっと寝ていました。わたしは一人でリビングのソファに座り携帯をいじっていました。すると突然、テレビがパチッと点きました、リモコンはテレビのそばです。

ま~、テレビや電気がついたり消えたり、水道が突然流れたりと、こんなことは小さい怪奇現象の一つと知っていましたが、長期不射精しててテストステロンが高いといえどもちょっと気持ち悪いです。

朝だからまだ許せますけど・・・

 

今日の出来事 その2

その後、トイレに行きました。

しばらくして階段からドンドンドンと音がして、私は末っ子が起きて下に降りて来たのかなと思い「〇〇ちゃん、起きた?」と声をかけましたが、返事をしません。

ちなみに階段はトイレの真上を螺旋にした造りなので「降りてくる響く音」は確実に解ります。

私は「あれ!?」と思いましたが「私の声が聞こえないのかな?」と思い、トイレを出ましたが、そこにはだれもいません。

すぐそばに繋がれている飼い犬が寝ているだけで、何も反応していません。

私は2階の寝室に行きましたが末っ子は気持ちよさそうに、まだ寝息をたてていました。

あの階段をくだってきた上から響く音は誰だったのでしょうか?

 

今日の出来事 その3

その後、シャワーに入りました。しばらくすると1階から物音が聞こえてきました。

歩く音や食卓テーブルのいすを引くような「生活で馴染みのある音」です。読者の方もご想像つくと思います。

わたしはそのとき「〇〇ちゃんやっと起きてきたのかな?」と思っていましたが、その音は走り回るような感じでだんだん大きくなっていきます。

「ずいぶん暴れてんな、犬と遊んでるのかな?」と思い、シャワーからあがりましたが風呂場からあがると静かでした。

そして階段を下りてくるような音が聞こえ、末っ子が「パパおはよ~」と風呂場の脱衣所のドアをガラッと開けました。私は素っ裸でした。

その時わたしは末っ子に「さっき下で遊んでた?」と聞いたら、キョトンとした顔をしており、「今はじめて降りて来たの?」と聞いたら、「うん」と当たり前のような表情をしてうなずきました。

リビングで騒いでいたのは誰だったのでしょうか? 犬は繋がれたままです。

 

この奇妙な出来事

この出来事はこの記事を書いている日(8/19)の朝8時半から10時くらいに起きた事です。

実は今日の出来事以外にも「不思議な事」は他にも感じてきています。

しかし怪奇ホラーブログではないので、それをいちいち記事にしていても仕方がありませんが、今日は「ちょっと出来事が大きかった」ので記事にしました。

ちなみにクリシュナさんもこれに関しては言っており、長期不射精によっての「八代神通力」として表現しています。(ちなみにお釈迦様(仏教)では”六神通”と呼ばれるもの)

 

まとめ

この八代神通力・六神通とは現在でいう「超能力」の事を意味していると思いますが、私自身はそんな霊感力にあまり興味はありません。

長期不射精によって、これからそれが強くなり「幽霊見えてきたり、いたこのように話せたり」というのは、ちょっとリアルに怖すぎです。

ただ、昔の禁欲者の中では、この能力(超能力)に興味を持ち「クンダリニを早く起こしたい」と、躍起になって修行していた人たちも中にはいたようですね。


やっと到達した不射精禁欲ブログ100記事目のお題「クンダリニ」(禁欲 320日目・一食 139日目)
広告

“(オナ禁怪談話)長期オナ禁・禁欲をすると霊感が強くなるのか?(禁欲 337日目・一食 156日目)” への2件の返信

コメントを残す