在家禁欲者を目指すなら妻子がいないと無理かもしれない理由(禁欲 325日目・一食 144日目)

今回のお題は前々から感じていたことだったのですが、上手く説明できる例えがなく記事に出来ませんでした。

かなり前の話ですが「The Top Five Regrets of The Dying」という話題をご存知でしょうか?

看護師が語った死ぬ直前の末期患者の語った「5つの後悔の言葉」です。今日のお題のことはこれに例えられそうです。

 

はじめに

この5つの言葉を読んだとき全員が全員ではないにしろ「結構な人たちが死に際後悔してるんだな~」と感じました。

「自分の人生これで本当に良かったのかな?」という気持ちの「最後の現れ」なのかもしれませんが、やはり後悔せずに最後はね・・・という感じです。

今回の記事はあくまで「在家の禁欲者」になるためのものです。出家者とは条件が違いますので該当しません。

 

その5つの言葉とは


1. I wish I’d had the courage to live a life true to myself, not the life others expected of me.

「もっと自分らしく生きればよかった」


2. I wish I hadn’t worked so hard.

「あんなにも一生懸命働かなくてもよかった」


3. I wish I’d had the courage to express my feelings.

「言いたい事(自分の気持ち)をもっとはっきり言えばよかった」


4. I wish I had stayed in touch with my friends.

「もっと友達に連絡をとればよかった」


5. I wish that I had let myself be happier.

「もっと自分の幸せを追求すればよかった」


 

意外に禁欲をすると

私の場合も禁欲前は「自分の人生これで良いのだろうか??」的な考えが絶えずありましたが、禁欲をしてから意外にもこの考えが消えていきました。

というのも溢れあがってくる禁欲パワー・性エネルギーというものは、外に向ける事が出来ると、自分のやりたい事はひとまずやっていきます。

「何かしら見つけてくれる」と感じてます。

その結果、禁欲パワー・性エネルギーで怠惰心を消してひとまず行動に移すと、上の1番、5番は確実に消えそうです。もしかすると3番も消えるかもしれません。

 

なぜ在家では家族が必要か?

話がまたそれましたが、上の5つの言葉というものは一言でいうと「この世への未練」だと思います。

禁欲をしていくとこの「未練」ということを考え、禁欲パワーで行動していき「未練をなくしていこう!」と考えます。

しかし、もしここで在家禁欲者を目指したい場合、必ず出てくる「最後の大きな壁」みたいなものあり、それが「家族を作りたい、自分の子孫を残したい」という未練だと考えています。

それが出家しているとその未練が「始めから消失」しているので該当しなさそうですが、過去の在家禁欲者も「家族を作ってから」という人が実際には多いです。

太古の禁欲者、通称「婆羅門(バラモン)」と言われる人たちも、家族を作ってから悔いを無くさせ禁欲修行させる生き方だったようです。

 

まとめ

以前に記事にしましたが、妻に「これからも禁欲する」と言ってからはその後は何もなく過ごせています。


9か月間普通に射精しないで禁欲しているとさらに気づいてくること(禁欲 277日目・一食 96日目)

普通だと「奥さんが我慢できなくなる」と考えそうですが、いたって普通です。クリシュナさん曰く「不思議な作用だな」とつくづく今でも感じています。

もちろん意外と楽しい禁欲生活で、もうこの日数なので「自慰したい・性行為したい」という未練もなくなり、今後も上の「5つの言葉にならないように」努力出来そうです。

誰だって未練など残さず「楽しかったバイバーイ」と言う感じでいきたいですよね。

“在家禁欲者を目指すなら妻子がいないと無理かもしれない理由(禁欲 325日目・一食 144日目)” への5件の返信

  1. Mr.T さん
    いつも拝見させていただいております。
    ちょっとプライベートな質問になり大変恐縮なのですが、
    教えていただける範囲で教えてください。
    妻または彼女が居ながらで事前に不射を伝えるのはわかるのですが
    妻または彼女が行為に至らずも肌の温もりや愛情などを求めてきた場合
    少しでも性的興奮を感じるとNGなのでしょうか?
    女性はSEXはしなくても、添い寝や愛撫などを欲しがると思うのですが?
    Mr/Tさんご自身は、そのような行為も禁じているのでしょうか?

    1. きわどい質問ですね。

      どこかの記事で書いたのですが禁欲をすると宣言してからは妻からは本当に何もなくなりました。
      クリシュナさんの福音どおりの不思議な現象です。

      また私の場合、3人子供がいますので妻と一緒に寝る事があっても真ん中に子供が必ずはさんでいますので危ない状況もありません。
      といいますか、毎晩かかさず大酒飲んで寝るので気づいたら朝です。

      1. プライベートな事までお答えいただき、本当にありがとうございました。

        当方、添い寝を求められる事が多く、その際、自身も安心感やリラックス
        を得る事が多々あります。もちろん時々性的興奮も・・・

        身体的にホルモン的にはオキシトシンが出ているはずで、
        テストステロン拮抗し、オナ禁のパワーが低下するのでは?と思ったしだいです。
        実際、不射をして9か月目ですが、一般的に記載されているような効果を
        感じれるまでには至っていません。寝起きは良くなりましたが・・・

        不射(房中術・添い寝)< 不妄想(エロ禁)の関係が成り立つのかなあと・・・
        となるとやはり完全に女断ちをしなければ真のパワーは得られないかもしれませんね。

      2. 再度のコメントありがとうございます。

        お釈迦様もクリシュナさんも同じことをいっていますが、「不射精禁欲するなら必ず一人になれ」なんです。
        お釈迦様の場合、長期をすすめていますが、クリシュナさんは「3日や数週間」の自分が納得できれば割と短期でも良いようです。

        9か月も不射精禁欲をなさっているようですので、奥様から添い寝を求められるのは仕方のないことかもしれません。
        もし仕事で出張などがあると一人でいれる時間をつくれるので、そこで完全女断ちの心静かに座禅や瞑想をすると効果がでるかもしれませんね。

  2. やはり短期間でも徹底してすることが重要との事ですね。
    ガンジーやヒトラーなどが、性的パワーを置換させるために
    妾や女中などと寝屋を伴にしたとの記述をどこかで見た記憶があったので
    ひょっとしたらと添い寝する方が良い事もあると思ったのですが
    そうではなさそうですね。ありがとうございました。

コメントを残す