禁欲効果とは魔訶不思議なり(禁欲 291日目・一食 110日目)

ちょっと前の記事で書きましたが、ひとまず3日間だけの禁酒は成功しました。今日は気づいた「突拍子もない事」を書いてみます。


いちおう在家禁欲者&一日一食者が3日間だけ禁酒してみる(禁欲 289日目・一食 108日目)

 

はじめに

上の過去記事で書いたように、前回の禁欲前の禁酒脱落から340日ぶりの休肝日であり再スタートでした。

それまでの飲酒量は120g~150gですので500mlのビールで6~7缶を毎日ひたすら飲んでいたのですから、アルコール依存症だったかもしれません。

飲み会に行くとさらにその倍でした。

不思議なのは、普通ならそんなに「さっくり禁酒とはいかないはず」なんですが・・・

 

睡眠時間

3大欲の効果(オナ禁禁欲効果・一日一食サーチュイン・ショートスリープDEC2)が3日間だけですが、どのくらい睡眠時間に効果を及ぼすか、ひとまず観察していました。


巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

美肌、ダイエット、健康、長生きすべてに通じる夢の遺伝子「サーチュイン遺伝子」(禁欲212日目・一食31日目)

3大欲最後の睡眠欲に対抗する夢のショートスリープ遺伝子・DEC2(禁欲 262日目・一食 81日目)

結果は初日が「不眠」、2日目が「2時間」、3日目がちょっと疲れていたようで「4時間」でした。

さすがに3日間の不眠は出来ませんでしたが、初日・2日目が極端に少ない時間でしたので本日は4時間でしたが、それですっきりと今日1日過ごせましたので、今後は「お酒さえ飲まなければ4時間以内で済む」と解りました。

もちろん「格闘技の練習」にはその間に行っており、体力を消耗させています。

 

不食と不眠

不食に関する本に記載がありましたが、不食にするためには「一日一食者になることが必須条件」のようで、その一食を「少しづつ減らしていくと不食者になれる」と記載してありました。


食欲制限の最終形態「不食」(禁欲217日目・一食36日目)

これはたぶん不眠にも適用出来そうですが「ショートスリーパーになり、少しづつ睡眠時間を減らしていけば不眠者になれる」にも通じると思います。

 

不食・不眠に絶体必要な不射精のエネルギー

ただ不食・不眠になるためには、不射精の「絶対的な性エネルギー」が必要になってくるだろうと考えます。

「単一の不食者」や「3~4時間だけのショートスリーパー」は訓練していくと誰でもなれるかもしれません。

ただ超人的な「不食&不眠者」になる為には、それを動かすエネルギーが必要となっていきます。

それが「性エネルギーかも」と今回の禁酒で気づいてきました。

ただもちろん、それに近づいていくためには「相当長い年月」が必要になると感じられました。

もちろん私は過去に記事にしたように不食&不眠者は目指しません

ご興味ある方は「無理せず長い年月をかけて」トライしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

以前の記事で「性欲・食欲・睡眠欲がトライアングルのように回っている」と書きました。


長期オナ禁・禁欲して「在家禁欲者を目指そうとする人」ならではの考え(禁欲 263日目・一食 82日目)

その3大欲「禁欲トライアングル効果の輪」が、今回は自分の身体で実感させて、すこし解ったような気もしています。

また今日はアルコール依存症の自分が3日間も「さっくり禁酒」出来たので「お祝いにコンビニでストロング酎ハイ買おうか・・・」と悩みましたが、「今日買うと明日もまた買ってしまう」と考え、心の中で「歯止め」がかかりました。

とても340日ぶりの休肝日のアルコール依存症の考えとはとても思えず、また禁欲前の「すべてに弱かった自分」なら、たぶんその気持ちにすぐに負けていたでしょう。

生き物のように自分の中に芽吹いてきている「3大欲の禁欲効果」、今回ばかりは恐れ入りました。

禁酒も本日以降も可能な限り断続的に続けていこうと考えています。

コメントを残す