9か月間オナ禁・禁欲したら自然とめぐってきた思考の変化(禁欲 277日目・一食 96日目)

単身赴任の一人暮らし生活が終了してもうすぐ2週間経過しますが、こんなにも自分の時間が無くなってしまうとは思ってもみませんでした。

 

はじめに

ブログ記事も作成・更新する時間もなかなか取れない現在の状況ですが、せっかくここまで色々と書いてきたこの3大欲の禁欲ブログですので今後も続けたいと思っています。

もちろん禁欲・一日一食・ショートスリープも自分のやれるところまで継続させるつもりです。

6日ぶりの更新ですが、今日は禁欲していって「更に気づいたこと」を記事にしてみます。

 

既婚で禁欲がはたして継続出来るのか?

私はたまに「ラーマクリシュナの福音」という超高名なヨギの本を読んでいます。

そこに書いてあった事で「なるほど~」と思ったことです。


ある人がクリシュナさんに聞きました。

ある人:私はこれから禁欲をしたいと思ったのですが、もし妻が「そんな事をして、もう一生快楽を得られないのなら自殺します」と言ってきたらどうしたらよいのですか?

クリシュナさん:そんなこという妻なら自殺でも首吊りでもなんでもさせればいい!

~この発言にしばらく周りが凍りついている~

クリシュナさん:(優しい声で)でも大丈夫、禁欲を始めるという決意があれば何事もなくうまくいきます。

(上の文章は原文のままではなく、少し簡単にしました)



ラーマクリシュナの福音 全訳


 

「なるほど~」と思った事

たしかに私も単身赴任を終了したあと、家族との共同生活になるにしたがい、「妻」から何かしらの事が起こったらと不安でしたが「禁欲していく」と告げたあとは何事もなくスムーズに日々過ごせています。

非常に「摩訶不思議」ですが、妻から「不満」「怒り」などもまったくありません。

クリシュナさんがいうとおり「何事もなくうまくいっている」ので、これは「なるほど~」と思いました。

よくわからない「何らかの作用」が働いているような気がしてなりません。

 

死を恐れなくなる

これは他の方の禁欲ブログに書かれていたり、経典にも書かれていたりしますが「恐れなくなる」と思います。

もしかすると「なぜ恐れるの?」となるかもしれません。

禁欲が長くなるにつれ性エネルギーが頭脳に回り「気づくこと」も多くなっていきます。

気づくことによって「人間の死って?」と考え「とある事」に気づくかもしれません。


性エネルギーの事について

性エネルギーの頭脳への転換・ナポレオン・ヒル(禁欲222日目・一食41日目)

「とある事」については詳しく書きませんが、解ってくると「恐れる必要がないな」とあくまで私は思いました。

例えば、”年老いて死を恐れて、可哀想だから仮に100年寿命を延ばしてもらったとしても、その「年老いた身体」で100年さらに生きて楽しいのでしょうか?周りの人は死んでいくのに”

と、、、簡単に例えるとこんな感じです。

 

お金に無頓着になる

これは無頓着になり「あればあるだけ使え~!」で大名遊びのように散財してしまうのではなく、どちらかというとお金に対して「執着が薄れてくる」のかもしれません。

欲しいものを買うのではなく「必要なものを買う」という考えから必要なもののためにお金は使いますが、それ以上のものに使わず、無頓着ではありますがもちろん節約もできます。

普通に家庭円満で生活出来ているのなら、ある程度の貯金以上に「お金って必要なんだろうか?」と最近考えてしまいます。

 

意外と楽しい禁欲生活

たぶん読者の方は「長期禁欲ってつらいだろうな、苦しいだろうな」「そんな人間の楽しみなくして人生楽しいの?」など考えるかもしれません。

たしかに「異性への執着」「快楽への執着」が心の中にあると「非常苦しい」かもしれません。

しかしその2つを切り離す事ができれば数々の「奇跡の禁欲効果」が発生して、私は非常に楽しくなっていきました。


巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

151日以降の射精しない人のその後の禁欲効果の実際(禁欲226日目・一食45日目)

そして以前にも書きましたが、この日数までくると負荷(ムラムラ感)もそんなに感じなくなり、頭・心・身体・テストステロン・頭脳への性エネルギーが「統一」された感じがするので全然苦しくありません。


頭・心・身体・テストステロン・頭脳とは・・・?

人が禁欲をする理由・霊主肉従を前ブログの記事でアレンジし書く(禁欲 319日目・一食 138日目)

慣れると「苦しくなく楽しい」ので、昔々の「長期禁欲達成者」もこのパワーの発生を楽しんでいたかもしれませんね。

 

まとめ

まだ9か月を超えた程度なので気づくことはこの程度ですが、今後も日数が増すとさらに色々とまた「気づくこと」があると思います。

その時はまた記事にしようと思いますが、だんだんと「浮世離れ的な記事」になっていくかもしれません。

たしかに長期禁欲自体が「浮世離れ」している感じもしますがね・・・

最後に書きましたが禁欲生活は身体になじむと全然苦しくなく、私は「本当に楽しく」なっていきました。

広告

コメントを残す