本日で単身赴任終了しました(禁欲 265日目・一食 84日目)

更新がいつもより大幅に遅れましたが、以前の記事で話していた通り本日で1年ちょっとの単身赴任が終了しました。


 

家族に現した禁欲効果・禁欲157日目の記事大幅アレンジ(禁欲 234日目・一食 53日目)

 

この単身赴任生活終えて早速分かったこと

今週の初めから単身赴任先から地元へ車で約11時間、そして引っ越し作業を終え家族を車に乗せ、さらに単身赴任先へ本日舞い戻り明日またこちらでの引っ越し作業です。

かなりハードな工程でしたが禁欲効果・サーチュイン遺伝子・DEC2のショートスリープ効果でさほどの疲れもなくこなせたと信じています。

もちろんその間も禁欲・一日一食そして平均5時間以内の睡眠でした。

ただ感想としては高速道路の運転は大変でした。

なにが大変かというと毎日5時間しか寝ていないので運転中の睡魔も若干はありますが、家族は普通に3食プラスおやつも食べるので、私が車を運転しているあいだ、サービスエリアによる都度ご当地グルメの良い匂いを車内に充満させているのが「過酷!」と感じました。

 

家族には決して強いられない

まさか一家の主が一日一食だからと言って「俺に見習え、食うな!」とは言えません。

小さな子供にとってはまだ楽しみがないぶん「サーチュイン遺伝子が働く」とはいえ、まだ「食べる喜びを決して奪ってはならない」と感じています。もちろん妻にも一日一食を強いる事はありません。

ただ食べたあとはやはり眠くなるみたいで、家族の皆さん車の中で自分をおいてすやすや熟睡です。自分の今まで書いてきた記事がそのままになっていて笑えましたがね。


一日一食は「体への負担を軽くする」(禁欲 246日目・一食 65日目)

 

まとめ・今後のこのブログ

今後、このブログの禁欲記事は冒頭の「家族への禁欲効果」記事で書いた通り「家族を交えた一風変わった禁欲話」になっていきそうです。

「在家禁欲者を目指す私」は「既婚・まだ小さい子持ち」ですので「学校の問題」「家族の問題」「地域社会の問題」など色々と今後も書けていけそうです。

その色々な社会が抱えた問題を「在家禁欲者の目」を通してかけて伝えていけたらと考えております。

そのほうが「上から目線のオナ禁・禁欲者の浮世離れなブログ」ではなく「より身近なブログ」として読者の方々にとって役に立つかもしれません。


長期禁欲による目力改善そして魅了へ(禁欲 236日目・一食 55日目)

本日と明日は忙しすぎて「更新出来ないかな?」とさすがに考えていましたが、なんとかこの時間に一人の時間がとれたので今回は記事にして書いてみました。

“本日で単身赴任終了しました(禁欲 265日目・一食 84日目)” への2件の返信

  1. 一月前からいつも拝見しております。
    どの記事も深い考察で、私の禁欲に対して新しい角度での見方を教えてもらってます。
    私は40代で一年以上射精してませんが、その効果に波があります。
    最近は気分にムラが強くなっているため、好調だったころの自分の記録を見て試行錯誤中です。
    単身赴任おつかれさまでした。
    これからも記事を楽しみにしております。

  2. あたたかいコメントありがとうございました。
    禁欲、そしてある時点で気づいて始めた食欲の一日一食、そしてショートスリープへと変化していく事が出来ましたので、その3点が絡み合った記事を書けているのだと思います。

    私と同年代の40代で1年以上という事で、私もパワーダウンで記事にしたことがありましたが、やはり波がありますよね。

    私の場合、一人でいるとその波に襲われる事が多かったので、なるべくそれを忘れるほどの忙しさで考えないようにしています。

    これからも気づいた事を記事にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

コメントを残す