食べ順ダイエットを考えながら質の高い一日一食の食事法を考える(禁欲 256日目・一食 75日目)

本日は打って変わって軽めの「食欲・一日一食」の話題です。

昨日の記事は「少し重たかったかな」と感じていますが、「性欲・禁欲」の話題って日数が重なるにつれ、なぜか「重たくなってくる」のです。

 

はじめに

現在、一日一食を続けて約2か月半となり好きなものを食べていましたが、今回は「本来、一日一食ではどうような食事法にしたらよいのか?」を記事にしたいと考えました。

以前の記事で一日一食の機会に夕食をオススメし、また一日一食デメリットでもお伝えしましたが、たった一日一回だけなので、仕事が終わりその時間が来た時はそれはもうご褒美のように「格別」です。


一日一食は「体への負担を軽くする」(禁欲 246日目・一食 65日目)

一日一食のデメリット(禁欲216日目・一食35日目)

 

一日一食とサーチュイン遺伝子

人によって仕事後の行動(激しくスポーツする等)で状況は変わってしまいますが、思いのままに好きなものを好きなだけ食べてしまっては、せっかくの「一日一食の効果も薄れてしまうのではないか?」と感じました。

そこで「一日一食で何をどのように採ったらベスト」なのかを考えてみました。

食事と次の食事との「時間的間隔が長い」場合、次の食事では採った食べ物の「吸収率が高くなりがち」になります。

これはサーチュイン遺伝子でも書きましたが体の細胞に備わっている性質で、長期間食事をしないと細胞が「飢餓状態」であると判断し「スイッチをON」します。


美肌、ダイエット、健康、長生きすべてに通じる夢の遺伝子「サーチュイン遺伝子」(禁欲212日目・一食31日目)

 

一日一食による身体の変化

その結果、できるだけ栄養を無駄にしないよう、身体はまるで人間の「節約生活」のように、「節約的に活動を行う」ようになっていきます。

ここで好きなものばかりたくさん食べてしまうと、今度は逆にできるだけ「栄養をたくさん採りこもう」とします。これもまた「細胞の性質」で得られるものは「どんどん吸収」してしまいます。

血糖値に関してですが普通の食事でも血糖値が上昇し、その後「インスリンの分泌」によって血液中の糖分を調整しますが、際限のない食事をしてしまうとインスリンにも無理を強いることとなり、体に悪影響となってしまいます。

これは「糖尿病」の一般的な原因ともなっています。

 

食べ方の順番でダイエットを考えてみる

上記のようなことを避けるためにまずは「水分」から採るようにします。

「コップ一杯の水、味噌汁、スープ」などを食事の最初に採ります、そして次に採るのは「野菜」です。

これは先ほどお話した「細胞の性質」を逆手にとり、空腹状態で野菜を優先して採れば野菜の栄養素が「効率的に体に取り込まれる」ことになるからです。

またできればよくかんで食べることで口の中で「唾液」が多く分泌され、胃腸での「消化吸収もスムーズ」に行えるようになります。

その後は「肉・魚・卵などのタンパク質」、最後に「ご飯やパンといった炭水化物」という順番がベストだと考えます。これはつまり1回の食事を「食べ順ダイエット」というものと「同じようにする」ということです。

「食べ順ダイエット」とはネットで検索をかけるといろいろと出てきますが、「空腹時または最初に食べる食品が体に吸収されやすい」という体の性質を利用したものです。



食べ順爆発ダイエット120%成功術 (テレビで超人気! やせる“食べコツ”大公開!!)


この体の性質は個人差を除けばどんな状況・食事法を適用するにあたっても同じ条件ですので「食べ順ダイエット」が有効であればそのルールに則れば良いと考えました。

 

1回の食事を大切にする

食事回数がたったの一回だけですが、ここまで書いた通りそこには「考慮すべき点」が存在します。

繰り返しになりますが「空腹時または最初に食べる食品が体に吸収されやすい」という体の性質は、健康に良い食事方法であればどんどん体を「豊かに」していけます。

しかし「暴飲暴食やカロリー・コレステロールの高いもの」などを中心に採れば、逆に体の健康を大きく損ねてしまうという「諸刃の剣」であるわけです。

基本的には明らかに過剰な食事量でなければ、あとはバランスの良いメニューに食べ順を意識することで、おのずと一日一食の効果が「最大限に表れてくる」ようになります。

 

まとめ・そしてアレンジを加えてみる

一日一食に慣れてきたら、自分の心身の状態や体調に合わせ「オリジナルなもの」にしても良いかもしれません。

以前に私は(禁欲前)肋間神経痛(肋骨に沿って痛む神経痛)気味で、冬や季節の変わり目になると時々上半身にピリピリ痛みが走りました。

これはビタミンB12不足が主な原因なので、ビタミンB12を補うために夕食にはサンマ、あさり、赤貝(缶詰)をよく食べるようにし改善させました。(現在はご存知の通り「禁欲効果&7種のサプリ」で跡形もなく吹っ飛んでしまいましたが・・・)


奇跡の禁欲効果のスピードを早める私の7種のサプリメント(禁欲 240日目・一食 59日目)

みなさんの体調や暮らしている環境などに応じてこのような「My一日一食」を行なっていっても良いかもしれませんね。

コメントを残す