私が禁欲を始めたきっかけ・禁欲96日目の記事大幅アレンジ(禁欲231日目・一食50日目)

「オナ禁・禁欲」

これを「今日から実践する!」とみなさんが心に誓った時、何かしらの「理由や動機」があると思います。

本日は私の当時の「くだらなかった動機」を記事にしたいと思いました。

(ここからはじまります)

長期禁欲生活スタートのきっかけ

当時なぜ禁欲を始めたかというと「去年の初めころ不倫をして話題になった体の不自由なあの方はなぜ複数人同時に不倫できたのか?」、そして「別な有名な方はこの不倫した方はフェロモンがすごい」といっているのをネットで見ました。

禁欲をしていなかった当時の私は「フェロモンなんてホントにあるの?」から始まっていきました。

半信半疑ながら調べていくうちに「フェロモン=男性・テストステロン 女性・エストロゲン」と理解出来ました。


オナ禁の励み・コツにもなりそうな甘い匂いフェロモン(禁欲223日目・一食42日目)

では「その発生のさせかたって、どうするんだろう?」と、私も禁欲前は「異性にモテたい気持ち」あったので調べていきました。

方法として「筋トレ、スポーツ、武道・格闘技、亜鉛」など様々なキーワードが出てきました。その中で一層目を引いたもの「自分が今まで考えもしなかったキーワード」、それが「禁欲・オナ禁をする」でした。

 

男にとって命のような「テストステロン」

いま感じる事は筋トレ・亜鉛など色々と方法はありますが、それは「テストステロン発生の補助的な要素」でテストステロン発生の7~8割は「禁欲・オナ禁」でほとんどが決まってしまうのではないかと考えています。

他の方の記事の中には「7日でテストステロン値がMAXになるから、そこで抜けば良い」とありますが、私はそれはもってのほか、そこには男性にとって悪魔でもある「DHT・ジヒドロテストステロン」の事、男にとって天使のような「生理活性テストステロン」の話題には触れていないようです。


奇跡の禁欲効果の原点!?その名も「DHEA」(禁欲227日目・一食46日目)

非常に気になる自分のフェロモンの匂い(禁欲228日目・一食47日目)

 

禁欲前の軽かった自分

話をもとに戻します。

「では禁欲・オナ禁をすればフェロモンが出るんだ、初めてしったよ」

(最初の気づき)「そうか、だからこの人は体不自由で自分で処理が出来なかったからフェロモンが溜まっていったのか・・・」

 

現在アラフォーですが禁欲前の動機は・・・(ここからは書くのも恥ずかしいのですが)

「では20代の頃から多少なりともイケメンと人から呼ばれてた自分が禁欲してフェロモンまき散らしたらどうなるんだろう」と、はっきり言ってふざけた動機でした。

*ちなみに禁欲してから現在までイケメンと呼ばれた事はありません、禁欲前と周りの対応が違ってくるのがわかります。

「イケメンだね」という言葉を相手からいわれると言う事は、もしかすると「相手から軽く思われていた」もしくは「皮肉の感情」が入っていた、または「それしか褒めるところがない」という相手の感情があったのかもしれません。

 

禁欲前の低次元の猿の自分

話をまたもとに戻します。

「フェロモンまき散らしてやる」

何度も思いましたが、なんともふざけた動機だったのです。

毎日自慰ばかりにふけっていた、いかにも禁欲前の「オナ猿」らしい、いま考えると非常に「低次元の欲求を優先させた猿」と今の私は過去の自分自身を切ってすてます。

ただ日数が重なっていくたびに日増しに大きくなる「テストステロンそして禁欲効果」、そんな「フェロモンまき散らす」という「低次元の猿が空っぽの頭で考える様なものではなかった」という事をお伝えしたかったのです。

またネット上に書かれている奇跡のような禁欲効果は私はもちろん「肯定派」です。


巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

 

まとめ・オナ禁、禁欲の一番重要な事

その中で特に私が重要だと感じたものは「長年の謎が突然解ける」だと、空っぽの頭でもその時に直感出来たのです、これは今現在も変わってはいません。


151日以降の射精しない人のその後の禁欲効果の実際(禁欲226日目・一食45日目)

(その当時作った自分なりの格言)

「テストステロンは男にとって最高の武器であり、最高の鎧である、禁欲を続けることにより武器は鋭く磨かれ、鎧は鉄壁になっていく」

(ここで終わります)

 

当時(96日目)の文章を今回大幅アレンジしましたが何度読んでも「ひどい軽い稚拙な文章」でした。禁欲96日目でもまだ「オナ猿感が抜け切れていない」のをいまは感じています。

広告

コメントを残す