非常に気になる自分のフェロモンの匂い(禁欲228日目・一食47日目)

ゴールデンウィークが始まりましたね。

私も先週末に4日間だけ地元に戻りました。

はたして自分の匂いは?

前ブログの138日目の記事で書いたことがあったのですが、知人の女性から禁欲138日目にしてようやく「そんな甘い匂いプンプンさせて」と言われ、その時ようやく「フェロモン、そして鋤鼻器はやっぱりあったんだ」と気づきました。

あれから約3か月たち「その後はどうなっているのか?」、どうしても私は自分の「匂い」を知りたく地元に帰った際に子供に聞いてみました。

子供ならこっそりと尋ねやすく、さらに年齢が低ければ低いほど嘘は言わず「本当の事」を言ってくれるだろうと考えたからです。


オナ禁の励み・コツにもなりそうな甘い匂いフェロモン(禁欲223日目・一食42日目)

長期オナ禁のコツ・フェロモンを数値化してみる(禁欲225日目・一食44日目)

 

聞いてみたところ

最初に一番下の娘(幼稚園年長・5歳)に「パパなんか匂いする?」と聞いたところ、「薔薇の匂いがする、なんか甘いよ」と答えました。

翌日になって2番目の息子(小学4年・10才)にも聞いてみました。同じく「なんか匂いする?」と聞いたところ、「男の匂いがする」と答えたので「男臭いって事?」と再度たずねた結果、「男らしい匂い」と答えました。臭いというニュアンスではなさそうでした。

「薔薇の匂い」と「男らしい匂い」、まったく似ても似つかない答えなのですが「男女では匂いの感じ方が違うのかな?」とも感じました。フェロモンを感知する「鋤鼻器」とは一体なんなんでしょうね、さらに謎は深まります。

ちなみに過去記事フェロモンで記載しました「とある超有名なバンドの男性」の「グラッと倒れそうになるほどの甘い匂い」には「まだまだ程遠いな・・・」とも感じました。

 

この甘い匂い、そしてその逆は・・・

ちなみにこのテストステロンが高まる事により発生するフェロモンの甘い匂い、その逆はもちろんDHT(ジヒドロテストステロン)となりますが、これはお世辞でも「良い匂いとはいえない」ものです。

当時わたしが「禁欲していない頃(単身赴任前)、40歳にさしかかる頃から特に」、妻から「臭い」や「加齢臭がする」とよく言われました。

「自慰」を頻繁にすることによりDHTが大量発生しアポクリン腺を刺激。

汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺という2種類あり、この中でもわきに特に多いアポクリン腺から出た汗はエクリン腺に比べて「べったり」していて臭いもきつくなります。

そしてこのアポクリン腺に雑菌・皮脂がくっつき嫌な臭いを発します。わたしは最近これを「ジヒドロ臭」と自分の中だけで呼んでいます。

もちろん人には言いません。

 

まとめ

女性は男性の「3倍から10倍」は鼻が良いようで、この「ジヒドロ臭」に嫌悪感を抱きます。実際に私もそのように妻から言われていたのでそれが良い例です。

そうなると男性は知らず知らずのうちに「嗅ぎ分けられていた」という事です。

また私も禁欲を続けていくうちに「嗅覚も鋭く」なってきました。これも一種の「オナ禁効果」のようですね。

広告

コメントを残す