オナ禁継続の奥義(コツ)気になる自分のフェロモンを数値化する方法

(禁欲225日目・一食44日目)

「オナ禁のコツ」

検索するととにかく色々と出てきます。この3日間私も「コツ」になりそうな事を書いてきました。

これは「人間・男(いちおう女子も含む)」が存在する限り、とにかく永遠と続く「人生のテーマ」かもしれませんね。

 

はじめに

何度もいいますが「私はお勧めしていません」こんなオナ禁なんてキツイことは。

「やれたければやればいいし、必要なければしなきゃいい」という、生涯変わらない「私の永遠のスタンス」でもあります。


一日一食もおすすめしてはおりません

ベストなダイエットだけどお勧めしない(禁欲207日目・一食26日目)

ただ、

「現在オナ禁を頑張っている方」「何かの出来事や目標があり絶対オナ禁を始めたい方」

にとって、

このブログが少しでもお役に立てれば良いなと考えて記事を今まで作成しているわけであります。

 

男なら皆フェロモンをまといたいと思うはず

以前の記事の「フェロモン」で、私も禁欲当初は「このフェロモンをまといたかった」と書きました。

そこで私は考えたんです、突拍子もないことを

「禁欲してテストステロンが上がり、付随してフェロモンも高まるなら数値化出来んだろ」と・・・


前回のフェロモンに関する記事です

オナ禁の励み・コツにもなりそうな甘い匂いフェロモン(禁欲223日目・一食42日目)

さらに以前の記事では私は禁欲してから「一言日記」をつけていたと書きました。

そして簡単でも良いので日記をつけることを強く推奨しました。


性欲と戦うアイテムと一言日記もオナ禁当初はかなり重要です

性欲が引き起こす「ムラムラ感」を軽減する装備品(禁欲215日目・一食34日目)

 

謝らなければならないこと

私の場合その一言日記は今でもつけていますが、当時から「エクセル」に書いていました。

エクセルは表計算ですので「自分のフェロモン数値化」なんていう事を思いついたのでしょう。

しかしここで私は読者の方に謝らなければなりません。

このブログや他の方々のオナ禁ブログでも

「フェロモンは誰でも異性を惹きつけられる」ような誤解のある書き方もあります。

しかし「イケメンと呼ばれる人」と「そうでない方」が「条件下が同じ(テストステロン発生量やオナ禁期間)」の場合、発生するフェロモンが同じでも女性から見ると「ぱっと見の与える印象」が違うかもしれません。

ただそれは「たかがぱっと見」ですので、その後の「会話」や「優しさ」「誠実さ」「人柄」でいくらでも逆転は可能です。

きちんとした女性からすると、むしろこちらの方が「重要視される」のではないでしょうか。


私の今の妻は禁欲効果で見つけた訳ではありませんという記事

はじめて彼女を作った記憶(前ブログ117日目の記事大幅アレンジ)

逆に「イケメンと呼ばれる人」は外見でオナ禁をする必要性が薄いので「していない人が多い」かもしれません。

ですのでここで「フェロモン+禁欲効果で磨かれる内面」で勝負すると合コンなどで「意外とあっさり勝てる」かもしれませんよ。


インターネット上でよく書かれている150日までのオナ禁効果についてです

巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

 

「Mr.T(エムアール・ティ)」のフェロモン数値化メソッド

前置き長くなりましたが、それではいきましょう、やり方はこうです。

前述したように「イケメンと呼ばれる人」「そうでない方」を私は10段階で分けました。

*太っている、瘦せている、ハゲているなど体形・風貌は考慮していません、もし判断つかない場合は「仲の良い人に聞く」しかありません

1~3:ネットでは「ブサメン」と表現される方

4~6:ネットでは「フツメン」と表現される方

7~8:周りから「イケメン」と呼ばれる種類

9~10:イケメン俳優レベル

自分をこれのどれに当てはめるかは「嫌だ」と思われるでしょう、私も自分で書いてて「ひでぇな」と思ってます。

しかし「オナ禁」を長期続けていくことが出来ると、上にリンクを貼った「奇跡の禁欲効果」が必ず発動し「全体的に外見も良くなっていくはず」です。

6の人は7へと上がるんです。

 

次に下のテストステロン発生記事を覚えていますか?


テストステロン発生量の今と昔の考え(前ブログ・禁欲98日目の記事大幅アレンジ)

この記事の「薬指の長さ」でテストステロン発生量「2ng/nl」「4ng/nl」「6ng/nl」とあくまで平均ですが割り出せます。

しかしこの数値をそのまま使うと計算が面倒なので

「2ng/nl」を「1」、「4ng/nl」を「2」、「6ng/nl」を「3」としました。

 

自分のフェロモン数値の計算

ここまで書くともうお気づきの方もいらっしゃると思いますが、ただ「掛け算」すれば良いのです。

たとえば自分が「フツメンの5」だとします。そしてテストステロン発生が「2」だとすると「10」となります。

この「10」が「オナ禁1日目のフェロモン数値」いうなれば「自分の基礎の数値」となります。

これに今度は「オナ禁継続日数」を掛けます、例えば10日成功であれば

フツメンの「5」x テストステロン発生が「2」x「10」日=「100」(自分の現在のフェロモン数値)

これから言えるのは「毎日自慰」をしていると「毎日が10」という事になり、例えば合コンに行ったとしても

「オナ減している100の人にはまず勝てない」

と私は考えました。

逆をつくと「性欲強いイケメンと呼ばれる人」でも毎日自慰をしていると・・・

イケメンの「8」x  テストステロン発生が「3」x「1」日=「24」ですので、上の「フツメンの5」の人は5日も我慢すれば数値的には2倍となり、醸し出すフェロモンの雰囲気では勝てそうです。

ちなみにこれは私のやり方ですので、そのまま「2ng/nl」「4ng/nl」「6ng/nl」の数値を使っても良いと思います、そこはおまかせします。

ただこの計算はあくまで「目に見えないものの数値化」ですので、鵜呑みに信じるのは絶対にダメです、「自分の心の中だけ」で信じるべきです。

 

この「Mr.T」メソッドを実践していった結果

私は「禁欲当初」と言いますか今もそうですが、これで毎日計算して遊んでいました。

「1000を超えた!」や「待ち望んだ三千世界・・・」などとこのような感じです。

この「Mr.T」メソッドを実践していき日々エクセルに「何かしらのコメント」を入れました。

いま思うと「このコメントたち」が将来のこのブログに役に立つとは思ってもいませんでしたがね。

そしてこの「自己満足的な遊びのような事」もリセットせずに我慢できると「数値が日々確実に上がる」ので「禁欲を続けていく励み・コツのようなもの」にもなっていき、やめられなくなりました。

”具体的な日々上昇していく自分の数値を目で見れる(可視化する)と意識が全然違っていきます”

 

まとめ・そして更なる謎

ただ現在の私はもうここまで来てしまうと「フェロモン数値なんて、もうどうでもよくなる心境」になります。

私の場合は既婚ということもあり「異性の問題」では無くなり、あとあと記事にしていくと思いますが「思考が変化」していきました・・・

 

ま~、私の事はおいといて、あと皆さんも疑問点が出てくると思いますが

「セクリセしたらどうなるのか?」

これは「ドーパミンとセロトニンの関係」もあるので私の中でも「謎」であり、出来れば何日間下がるのか「気づいてみたい」ところですが、

どうでしょうかね・・・?

「うらやましい、セクリセしたからあんた数値0だから、ZERO~♪」

な~んて暴言吐いたら「オナ禁頑張っている方は絶対に納得いかないはず」ですよね。

しかしセクリセではなく「自慰(リセット)」してしまったら、もちろん「継続日数0日・フェロモン数値も0」からです。

これは「オナ禁界の掟」のような感じも受けるので、他の「オナ禁ブログ」を書いている方々も納得できると思います。

これが閉鎖した前ブログ・禁欲97で言っていながら、もったいぶって書く事もなかった

「オナ禁継続の奥義」

でした。

もし「前ブログ」覚えている方は、いざ書いてみると大したものでもない方法ですので、これについても出し惜しみしていたことを平謝りですな。

コメントを残す