オナ禁による「エロい夢」「夢精」「明晰夢」の3点セット

(禁欲220日目・一食39日目)

前ブログと違いこの新しく始めたブログでは「絶対エロい事は書かない!」と思っていましたが、この記事では不本意ながら多少ですが必要になっていきます。

逆にオナ禁・禁欲ブログで「エロい事を一切書かない」というのも、非常に困難な作業でもありますがね。

 

はじめに・オナ禁、禁欲をするとエロい夢を見始める

禁欲を始めてしばらくしてから、多分30日を過ぎた頃から「エッチな夢」を見るようになっていきました。

その内容は「非常に好みの女性」が出てきたり、はたまた「私一人と複数人」だったり、特殊だったのは「美少年」が出てきたりと・・・(ゲイではない!)

禁欲前はそのエッチな夢すら見る事が出来なかったので、久々にドキドキした少年のような気持ちにアラフォーおっさんのくせになりました。

他の「オナ禁実践者」のブログを読んでいくと、その「エッチな夢や夢精」に関しての記述がやはり「多々」あります。

記述を読んで感じたのは、オナ禁をするとたぶん・・・

「30日を超えたあたりからエッチな夢を見る事が出来る」

のではないかと感じました。

 

夢精させてもらえない

前ブログではたまに書いていましたが、夢精については私の場合「一切させてもらえません」でした。

「性エネルギーの頭脳への転換」に関して、インドで禁欲修行をしていた「とある有名なヨギ」は

「夢精は精の無駄な放出ではなく、夢精後の残った精エネルギーで良い」

と言っていたのを知っていたので、私は夢精を若干期待していた部分はありました。


性エネルギーの頭脳への転換とは?

性エネルギーの頭脳への転換・ナポレオン・ヒル(禁欲222日目・一食41日目)

しかし「奇跡の禁欲効果」や「房中長生術」を知っていた後なので、例えエッチな夢をみても、それがどんなに自分が「希望していたシチュエーション」でも、頭から必ず「ストップ!」がかかり目が覚めてしまいました。


禁欲効果や房中長生術についての記事

巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

道教・房中長生術の「接して漏らさず」(禁欲219日目・一食38日目)

よってこの不射精禁欲220日間、一度も体外放出(夢精含む)はありません

それはそれである意味で「神懸り的で凄い」と思う反面、なにか「一抹の快楽も得られない悲しさ」もあります。

 

しばらくすると明晰夢までも見始める

その後(たぶん不射精150日目以降)しばらくして、よく「明晰夢」を見るようになりました。といいますか夢の大半はこれになりました。

明晰夢(ウィキペディアより引用)・・・脳内において思考・意識・長期記憶などに関わる前頭葉などが、海馬などと連携して、覚醒時に入力された情報を整理する前段階(夢)において、前頭葉が半覚醒状態のために起こると考えられ、明晰夢の内容は見ている本人がある程度コントロールしたり、悪夢を自分の望む内容(厳密に言えば無意識的な夢と意識的な想像の中間的な状態)に変えたり、思い描いた通りのことを(実現可能な範囲内で)覚醒時に体験したりすることが可能である。



幸せになる明晰夢の見方


「明晰夢」ですので「あ、これはまた夢だな」と自分でわかります。

そのとき私は「では行きかう女性のお尻とか胸とか触っていいんじゃない、どうせ警察につかまらないし」や、

はたまた「エッチな事しちゃえばいいかも」とか思い、夢の中ですので思い描くと「自分好みの女性」がそこには現れます。

どうでしょう、うらやましいでしょうか?

 

まとめ・その後の自分

しかしここで気づいたこと、それは・・・

目が覚め現実に戻った時、自分が「禁欲前の猿」だったときの「本能の目」で行きかう女性を見ているのがはっきりとわかりました。

たぶん明晰夢の中で思い描いていた事が

「禁欲前の猿だった自分のショボい心なので、夢から覚め現実に戻ってもその日は反映されてしまったのではないか」

と感じました。

それからはわたしは「禁欲前の猿だった自分の目・心には戻りたくはない」と強く思い、気持ちを改めました。

そうすると「エロい明晰夢」は不思議とそれからは「一度も見ることはなく」なりました。

禁欲最中の不思議な出来事でした。

広告

“オナ禁による「エロい夢」「夢精」「明晰夢」の3点セット” への2件の返信

  1. 今日95日目で派手に夢精しました。感じることは、とにかく腹が減る!
    いつも仕事ではカロリーメイト2本で全然空腹にならないのに、今日はカロリーメイト3本かつカップスープ食べても夕方の空腹がしんどかったです。ただの夢精でもこんなにエネルギー使うかとびっくりしました。
    精液上流に影響なしと信じたいところです。

    1. スノーさん、コメントありがとうございます。
      禁欲者にとっての夢精は射精感を味わえる「ある意味楽しみの一つ」かもしれません、私にとっては羨ましい限りです。

      クリシュナさんの話での夢精は
      「小さな穴が開いたビンの底から余分な糖蜜が抜けて、残るものは糖蜜のきれいな結晶」とのことなので不安になるかもしれませんが、問題は全然ないようです。

      「夢精にもエネルギーを使う」とは、頻繁に自慰していると絶対に気づかなかっただろうと思います。
      禁欲っておもしろいですね、自分の中で日々なにかを発見出来ます。

コメントを残す