道教・房中長生術の「接して漏らさず」(禁欲219日目・一食38日目)

前ブログの中でこれが4日間(禁欲131日目~134日目)にまたがった「一番の大作」でした。

今回は1回でまとめます。

「接して漏らさず」

聞いたことはあるでしょうか?

「子供を造る時は別として、女性と交わる時も極力射精しないで精子を体内に溜めておく」という事です。これを聞く大半の方が「そんなの無理!」と感じられるかもしれません。

仏教、キリスト教の中では「射精無しの禁欲修行」というと「女性厳禁」でしたが、中国の当時の「道教」は「射精はNGだけど交わりはOK」という、いかにも中国らしい「合理的な考え」だと感じました。

でも「交わりながら我慢するって現実に出来るのだろうか?」と疑問でしたが、私はここまで長期間射精禁欲を続けられ、このままひとまず続けたかったので調べてみました。



道教の房中術―古代中国人の性愛秘法 (文春新書)


 

房中長生術とは

「交わりの仕方やり方」は二の次だったので上の本を買い「歴史背景」から読んでみました。

結論から書くと時代は「前700年」といいますから2000年以上も遡った当時の「病気せずに健康で70歳以上長生きする為の方法」なのです。ただ現代のように病院やほとんど薬のない時代なのですから驚きです。

古代の人は「頻繁な射精がどんなに男性にダメージを与え寿命を縮め病気にさせるか」知っていたのです。

男15歳・・・強いものは1日2回でもかまわない、弱いものは1日1回

男20代・・・上と同じ

男30代・・・強いもの1日1回、弱いもの2日に1回

男40代・・・強いもの3日に1回、弱いもの4日に1回

男50代・・・強いもの5日に1回、弱いもの10日に1回

男60代・・・元気なもの10日に1回、弱いもの20日に1回

男70代・・・元気なもの30日に1回、弱いもの、してはいけない

「玉房秘訣」より

健康長寿の為、理想的な射精の回数までもきちんと記されていました。

これで解るのは古代の人も「30代から40代」「50代から60代」の急激な精の衰えを把握していたようです。

2000年以上たった今の現代人と「なんら変わらないな」と感じました。

「更年期障害」や「うつ病」などが多くなっていく年代は「40代から」が多い気がします。

 

関連していく「陰陽」

また男女を爻(こう)という陰陽の特殊な記号で表し「男は陽、女は陰」、互いに「気を吸い合い、精気を補充し健康」になる。

男性「陽極めれば純陽」となり「仙」、女性「陰極めれば純陰」となり「鬼」

「気や爻」について詳しい事はここでは割愛させて頂きます。

気になる方は読んでみてください。

 

まとめ・結局は良い教えも衰退してしまう

大変良い当時の教えだったのですが、この教えを歪曲していった人たちが「当時の皇帝」の怒りを買い「房中長生術・道教の教え」自体も衰退していき陽の目を見る事はなくなってしまいました。

気になる「交わる仕方やり方」なのですが、この本にも「九浅一深」などいろいろと「漏らさない」やり方が記載しております。

「体位」なども書いています(AVの体位とさほど変わらないような・・・)

このブログでそれを一つ一つご紹介するわけにはいきませんので「気になる方」は読んでみてください。

広告

コメントを残す