禁欲前にトライしてみた禁酒と禁煙(禁欲218日目・一食37日目)

今回は「禁欲・一日一食」とはちょっと違うテーマですが同じ「禁つながり」という事もあり特に「禁煙」は身近な事なので、どうしようか迷っている方も多いのではないでしょうか。

 

単身赴任当初の自分

去年の春から単身赴任が始まり「まじめに生活するぞ!」と最初の頃は行動を戒め規則正しい生活を心がけていました。しかし「一人」というのは徐々に徐々に魔が差し「自分本位」に行動が傾いていきます。

「18時になったし仕事切り上げてビール飲もう、あと明日!」「今日お客さん3件回ったから明日は2件でいっか」「今日は休日だし17時から飲んでいいよね」など最初の戒めよりもゆっくりとですが「確実に緩く」なっていきました。

もちろん17時、18時にはお酒を飲みだすのですから酒量は増える、そして気持ち良くたばこをバカバカと吸う、そして「いい加減にしなさい!」と言う家族もいないので毎日酔いつぶれるまで飲み、いつの間にか服を着たまま歯も磨かず気絶状態。

こちらに来て2か月もしないうちにものの見事に「はい、最初の戒めどこへやら」でした。

さすがに「これ、まずいだろ・・・」と感じ「どうしたらお酒やめられるんだろう」と考え調べました。

 

アレン・カーの2冊の本

そしてネットで勧めていたのが



禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)


非常に斬新な「違う角度の視点」からの切り口で禁酒を勧めていました。感銘を受けやすい私はこれを2日間で読み「明日から禁酒!」と決めました。

ついでにこの「アレン・カー」という方はこの本も書いていました。



読むだけで絶対やめられる禁煙セラピー [セラピーシリーズ] (ムックセレクト)


当時たばこも吸っていた私は、禁酒セラピーが手元に届き「読み始めた翌日には」こちらも注文していました。

「ついでに禁煙もしてやる!」と何か変なエンジンがかかったのでしょう。

後から知りましたがこの「アレン・カー」という方は「禁煙の方」で有名な方で世界各国にセラピーがあるようです。

あまりにも「禁煙法」で有名になったのでその方法を後付けで「禁酒」にも転用したようです。

たしかに両方とも読みましたが「なんか内容同じだな」と私も思いました。

 

まとめ・そして結果は?

禁酒はぴったり「50日間」でした。

いまさら言い訳を報告すると、単身赴任でこちらに来て最初に獲得した「新規の大口顧客」の注文を納品後、「工場のたわいのないミス」で全て取引停止になってしまい、ショックで「一杯飲まなきゃやってらんない」となってしまいました。

「オナ禁」と同じく「その一回」ですべてが終了です。

禁酒を最初に始め「ついでに禁煙」でしたので禁酒中は「酒飲んだらなし崩しで煙草も吸うんだろな」と思っていました。

学生の頃から20年以上吸っていたので「飲酒」よりも遥かにキャリアが長かったからです。

ところがこれが不思議となし崩しにはならず現在で10か月以上続いています。感情ではなし崩しになると「禁酒と禁煙を一緒の箱」に入れていたのでしょうが脳はありがたい事に「禁酒・禁煙と別々の箱」にしまっていたようです。

色々な方が「禁酒セラピー」の事を「重度のアル中患者に効くか!」のように「酷評」をされています。

ただ「依存症に近い私でも50日間は効いた」ので、やはり読む人の「信じる心の問題」なのではと感じます。

「禁煙セラピー」は効きます、「ロンブー淳」氏もこれでやめられたようです。

 

禁煙関連・電子タバコ
新感覚ビタミン配合《C-tec Duo》

広告

コメントを残す