食欲制限の最終形態「不食」(禁欲217日目・一食36日目)

「不食」

断食ではなく読んで字のごとく「1日1食すら何も食べない生活の事」です。

「そんな事したら死ぬだろ!」というお言葉が矢のように飛んできてハチの巣になりそうですが、実際に実践している人たちが世界中に、そして日本にもおります。


食べない人たち (「不食」が人を健康にする)

俳優・榎木孝明氏の
30日間、食べることやめてみました (「不食」という名の旅・不食30日間 全記録DVD付き!)


人は食べなくても生きられる


 

はたしてそんな事は可能なのか?

私も少しばかり射精禁欲も長くなってきておりますので、興味本位からネットで色々と「修行系」のことが記載されている記事を読むことがあります。

それを読んでいくと射精禁は当たり前のようですが、「水も飲まない」ような「不食」や60年も「一睡もしない・排泄しない」や、中には「400才以上生きていた」という半ば信じられないような記事などもありました。

「嘘だろ、どうせやらせだろ」と信じる範疇を越えているので、そう思うしかありませんでしたが、私もこの「一日一食」を始めてみて「サーチュイン遺伝子」「一日一食メリット」の記事を書いています。


美肌、ダイエット、健康、長生きすべてに通じる夢の遺伝子「サーチュイン遺伝子」(禁欲212日目・一食31日目)

三大欲求・食欲を「一日一食」にすることによるメリット(禁欲214日目・一食33日目)

「もしかしたら出来るのではないか?」という考えに変わってきました。

もちろん普通に3食たべていた人が翌日からいきなり「不食」にしたら、それはかなりの高確率で餓死します。(そんなことはやめてください)

この実践者たちは「サーチュイン遺伝子を極限近くまで起動させているのではないか」と考えました。

もちろん日本にいる実践者の方々もそうです。

 

キーワードの「日光」

植物は日光のエネルギーを使い光合成を行います。そして人間も含め動物はそれを食べることにより日光のエネルギーを取り入れています。

記事を読んでいくとこの「寝ない方」「食べない方」「超越長寿」の方々は「不食」ですが「日光」からエネルギーを取り入れているようです。必ずといって良いほど「光」というキーワードが出てきます。

「光のエネルギーを延髄から直接身体に吸収し体内で光合成を行いタンパク質や脂肪を作り出すことができる」

なんか壮大なスケールになってきましたが、考えるに「日光の光でサーチュイン遺伝子をフルに稼働させ生存する」のだと思います。

人間でありながら「植物の生き方」が出来ています。

たしかに植物の生き方が出来ると「超越長寿」も可能かもしれません、「」の寿命は何百年とありますから・・・

 

まとめ・ではわたしは・・・

現在わたしは「一日一食」を実践し1か月を超え、特に食欲の「飢餓感」はどうという事もなかったので今後も普通に最後まで行っていくと思います。

「一日一食」を続ける事により、自分の中のサーチュイン遺伝子もより活発になっていくかもしれません。しかしながら出来たとしても「不食」にはしないと思います、興味がありません。

やってみなければ分かりませんが「生涯不食」はほぼ「植物の生き方」ですので、もしかしたら「じっと」していなければならないかもしれません。動けても最低限かもしれません。

それよりも私は寿命に限りはあっても「禁欲効果によるオス本来のパワー」を使い「空手・格闘技・座禅」をやり続け「ちょっと戦闘力あり座禅する変わった在家禁欲者」を目指していきたいと思っています。


長期禁欲によって発生するオス本来のパワー(禁欲221日目・一食40日目)

出家するばかりが「禁欲者」ではなく、それぞれ違う行く道があったほうが今の世の中おもしろいと感じています。

広告

コメントを残す