オナ禁・禁欲によるテストステロン発生量の考え

前ブログでこちらでも役にたちそうな記事はアレンジして書き直しています。

しかし内容はまずくはないと思うのですが、文面が非常に稚拙で結局はほとんど今まで書き直しています。

それでもこれは今から約4か月前の記事だったのですが、4ヶ月も不射精禁欲が経過すると、さらにガラッと中身が変わってくるということも意味してきます。

 

テストステロンの発生

ネットでも良く書かれている「モテフェロモン」、男性の場合は「テストステロン」が当てはまるのですが、今回はその発生について当時気づいた事を大幅にアレンジして再記します。



本能でモテる科学論~草食系男子に終わりを告げる~


このテストステロンの発生でよく書かれているのが「薬指の長さ」となります。

人差し指より薬指が長ければ長いほど、テストステロンの発生量が多くなります。

禁欲を始めて間もない頃のわたしは「そうなると自分は両手とも薬指の方が全然長いな」と感じました。

しかしそこまで当初は気にもしていません。しかしその後、ある研究者がテストステロンと薬指の長さに関する相関図を見つける事ができました。

上のグラフによると

人差し指の長さ ÷ 薬指の長さ = 1.02 (人差し指が長い人・薬指7cmとすると人差し指7.14cm)

人差し指の長さ ÷ 薬指の長さ=0.88 (薬指が長い人・人差し指7cmとすると薬指7.95cm)

 

そのグラフによるテストステロン発生量の数値平均

(実際の自分の指です)

それにより分かってきたテストステロンの発生量は

1.02 (人差し指が長い人)で平均2ng/nl

0.88 (薬指が長い人)で平均6ng/nl

その差は3倍ありました(私の場合、計ってみると0.88でした)

ちなみに中間(日本人平均)の0.94~0.96(薬指が若干長い)で4ng/nlとなっています。

*ただあくまで平均値ですので上のグラフのように中間の0.95でも8ng1.02でも6ng/nlなどがあり、はっきりさせるためには検査機関で調べるしかありません。

 

その当時(禁欲98日目)の素朴な疑問

その当時、疑問に思った事は

「ネット上に書いてある巷の奇跡の禁欲効果は1.02と0.88でもその発生日数は同じなのだろうか?」

と考えたのでした。


巷に言われている奇跡の禁欲効果・121日目の記事アレンジ(禁欲210日目・一食29日目)

またその当時は

「1.02の2ng/nl(人差し指が長い人)と0.88の6ng/nl(薬指が長い人)が同時に禁欲を行った場合にどちらに、奇跡の禁欲効果が早く現れるのだろう?」

と疑問に思ったのでした。

そのとき私は「0.88の人が1.02の人に比べ3倍の速さでくるのではないか?」と考えました。

しかし今となってはこれが正しいか間違っているかは解りません、結局そのような実験など「存在しない」のです。

中にはいらっしゃるかもしれませんが「1.02の男性の方が圧倒的に少ない」のではないかと考えています。

 

年代による発生量とその環境

テストステロンのグラフ

引用:http://www.nulifeinstitute.com/hrt-men-low-t.php

これでも解りますが「20才」「30才」「40才」「50才」と

「そもそも年代によっても発生量は違ってくるのだから比べようがない」とあとから気づきました。

しかしこれも統計ですので「50代でも20代並み」にテストステロンを発生させている方もいますし「70代だって30代並みに」という方もいます。

テストステロンは現在の生活環境に非常に左右されてしまうものだと私は考えていますので、

「鬱発生の原因にもなるストレスのある環境」に身を置いていると発生してもストレスで打ち消されてしまいます。

逆をいうと「ストレスが少ない環境」だと「やる気」として吹き上がってくるものだとも感じています。



うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい―テストステロンを高めて「できる人」になる!


 

まとめ・キーワードである精子

しかしながら、この「テストステロン」の全ての源は「精子」ですので、ストレスあるないに関わらず「オナ禁・オナ減・禁欲は必要」になってくると考えています。

そしてこれから「少し長期禁欲をしてみようかな」と考えた方がいらっしゃる場合は「ご自身の薬指の長さを計り」、そこから発生すると思われる「テストステロンの量奇跡の禁欲効果」を日々照らし合わせながら行っていくのも「長期禁欲のコツ」もしくは「自分自身にとって励み」になっていくのではないかと今は考えています。


数値を計るでふと思いついた関連記事です

長期オナ禁のコツ・フェロモンを数値化してみる(禁欲225日目・一食44日目)

コメントを残す