一日一食や減食で発生するサーチュイン遺伝子の驚きの効果を解説

(禁欲212日目・一食31日目)

オナ禁・禁欲だけでは飽き足らず、この人間の3大欲(性欲・食欲・睡眠欲)にたてつくブログを新しく始めました。

食欲を「減食もしくは一日一食」にすると発生すると言われるサーチュイン遺伝子、「果たしてその効果と発生方法とは?」を今回記事にしてみます。

 

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子は人であれば「第10番目の染色体」に存在されており、現代社会は飢餓に苦しんでいないので、大半の人は眠っている遺伝子です。

私は「これは原始人の遺伝子では」と、過去の記事「プロローグ」&「昼寝」で書きました。

なぜそう思ったかというと、普段毎日行っている格闘技のミットを打つパンチの音が、一日一食を始めてしばらくすると、突然

「なにこれ格段に違うんだけど・・・」と、

気づかされたからなんです。

不射精禁欲を始めてからも比較にならないほどパワーは上がりましたが、一日一食を始めてからは「またさらに一段上がった感じ」になっていったのです。

「ごはん食べてないのにパワーが上がるなんて、どういうこと?」って、逆にビックリです。


ホントにびっくりするほど上がるんです
プロローグ(禁欲200日目・一食19日目)

いつの間にか無くなってしまった昼寝(禁欲202日目・一食21日目)

 

サーチュイン遺伝子の発生

このサーチュイン遺伝子ですが、長寿遺伝子とも呼ばれており「この人なんか飢餓状態続いてるな」と、身体が感知するとスイッチがONとなります。

詳しくすべてを調べて書いていくと、学術的な何部作のブログとなり読者の方々が「ただ面倒くさい」と思ってしまうので、何行かでまとめます。


飢餓状態 ⇒ 体の中のミトコンドリアがNADというものを作る ⇒ NADが増えるとサーチュインというたんぱく質を作る ⇒ サーチュインが更に活性化されると更に上質なミトコンドリアを作る。

この上質なミトコンドリアが、体中を駆け回り悪い部分・傷ついた細胞を「補修」していきます。

 

サーチュイン遺伝子の効果

ここからが人間の三大欲求「食欲」が飢餓感という「負荷」かけて、耐えきれると受けとれるサーチュイン遺伝子という「恩恵」のようです。

 

1. 発毛促進。

飢餓感により「グレリン」という物質を発生、グレリンは知覚神経を刺激させIGF-Iという発毛させる因子を増やすという、マウスの実験結果があります。

つまり「ハゲも治す」という事でしょうか。

確かにサーチュイン遺伝子は太古の「飢餓と寒さ」に対抗する遺伝子なので「毛がないと寒い」ですがね。

 

2. 老化を防ぎ長生きさせる。

これは猿の実験ではっきりと出ています。

人間の年齢で70才の猿ですが「好きなだけ食べさせた猿」と「必要とされる食べ物を30%カットされた猿」の顔つき・毛並みが、まったくといって良いほど違います。

(英文ですが画像がのってるので下にリンクを貼ります)

寿命も20~30%伸ばすようです。

今の生活だったら70才の寿命の人は、サーチュイン遺伝子をONすると、最高91才まで生きられるという計算ですね。

余談ですが、三国志で諸葛孔明が五丈原の戦いで死期を悟り、北斗七星に向かって延命の儀式をしました。

あのとき「断食」もしてたのですが、古代の人って断食すると「延命」出来るの知っていたんでしょうかね、不思議です。


お猿さんの画像付き英文記事

☟実験猿の映像も写っています(日本語です)☟


 

3. 肌のアンチエイジング。

これは少し前の記事「アンチエイジング」でも少し書きましたが、上質ミトコンドリアがエイジングの原因を直接治して歩きまわるので

「しわ・たるみ・くすみ・しみ」

などすべての肌のトラブルに働きかけると言われています。

結果、これも禁欲と同じような若返りの要因ともいえますね。

男性はED改善にも努めてくれます。

(ただこれはオナ禁(禁欲)すると、一発で直ると思うのですが・・・)


肌は綺麗になります(実証済み)
究極の美肌・アンチエイジング(禁欲209日目・一食28日目)

 

4. 食べないことにより内臓に負担をかけず疲れない。

これは私のブログを読んで頂ければ、大体イメージが湧くと思います。

「3食食べれば9時間、2食だと6時間、1食だと3時間の睡眠でよい」

とまで言われています。


・仏教では「一日一食は聖者の食事、一日二食は人間の食事、一日三食は動物の食事」

・西洋では「1日1食は天使の生活、1日2食は人間の生活、1日3食は獣の生活」

「双方打ち合わせて同じような事を言っているわけではない」

のですが、耳の痛い言葉ですね。

(1日3食 3時のおやつ付と言ったら、古代人になんて言われるんでしょうかね?、オーマイガー!)

 

5. 病気にもなりずらくなる。

これも食べないことにより、一日中絶えず内臓に負担をかけることはないので、疲弊する事はなく病気になりづらいという解釈でしょう。

たしかどこかに「2食食べるのは自分の為、3食食べるのは医者の為」という記載がありました。

不射精禁欲でも同じことがいえるかもしれません。

私は禁欲してから7か月、風邪をまったく引いていません。

「これは風邪だ!」という症状は一度だけありましたが、熱がまったく上がりませんでした、起きて日中はいつも通り、すぐに身体は復活していました。

サーチュイン遺伝子大きな役割はこの辺りです。

しかしその発生方法が「一日一食」であるならば、「集中力増加」など「禁欲効果と同じようなメリット」がまだまだ続いていきます。


ただオナ禁(禁欲)と同じく、一日一食にするのも大変だよね
三大欲求・食欲を「一日一食」にすることによるメリット(禁欲214日目・一食33日目)

 

サーチュイン遺伝子の発生方法

さて次は気になる発生方法ですが、一言でいえばシンプルに「一日一食にしましょう!」なのです。

ただそれは

オナ禁していない人に突然、「今日からオナ禁を永遠にしなさい!」

と、過酷な宣告をするようなものですので、何点か方法を記載しますね。

 

1. 一日の必要カロリーを30%カット。

男性だと2500kcalくらいなので1750kcal、女性だと2000kcalなので1400kcal、これがよく言われている方法です。

上にリンクを張った「猿の実験」もこれと同じです。

1750kcal・1400kcalは基礎代謝量(生存に必要なエネルギー)に、少しばかり上乗せした数字です。

ですのでみな「通勤・通学・仕事・勉強」さまざまな活動で、一日にカロリーを減らしていくので、足りない分は「飢餓状態」ということです。

ただサーチュイン遺伝子発動まで「7週間かかる」ようです。

めんどくさがりの私では「この方法は無理」だと思いました、3食ちまちま食べてそのうちストレスで「ちゃぶ台返し」しそうです。



老けない人は腹七分め 若返り遺伝子が活性化する食べ方


 

2. 1日2食にして18時間空ける。

12時間は消化器官を停止させ「適度な飢餓感の感じる時間を作る」という事です。

例えば夕食を19時までに食べきり、翌朝は食べずに昼食を13時から食べるなどです。

2食たべる事は出来ますが、ストイックな時間管理と摂取量の自制が必要になっていきます。


そのまんまの記事でやんす
1日2食でサーチュイン遺伝子をONさせる方法(禁欲 257日目・一食 76日目)

 

3. レスベラトロールを摂取する。

以前の記事「ワイン」で記載しましたが、私がワインを飲む理由がこれになります。

ただマウス実験ですので人間が減食せずに摂取するとしたら、毎日100本以上飲まなければならず現実的ではありません。

下のようなサプリメント購入が必要です。

ただレスベラトロール必要量が1日150mg以上は必要ですので、含有量が多いものは探した中では海外のものではありました。

それでも100mgです。



レスベラトロール・アンチオキシダント 150ベジカプセル (海外直送品)


いまはコンビニでも安くて美味しいワインはたくさんあります
禁欲者の味方「赤ワイン」(禁欲205日目・一食24日目)

 

4. 毎週48~72時間の断食を行う。

例えば土日や金土日など連続した日に酵素ドリンクだけを飲んで断食します。

そうすることにより「オートファジー効果」が発生します。

オートファジー効果・・・飢餓に備えて細胞内の老廃物を分解してエネルギーに変える)

5日間食べて2日間は断食してサーチュインONしてオートファジー、そしてまた5日間食べる。

点けたり消したり電気のスイッチみたいですが、定期的にサーチュイン遺伝子をONするので「全然悪くはないな」と私は思いました。

ただ私は「空手・格闘技」をやるので、2日間連続断食はきつく、体重も落ちてしまうと思い実施していません。

☟断食検討している方がいらっしゃれば酵素ドリンクです☟

芸能人、スポーツ選手も愛用中!「優光泉」酵素ドリンク

 

5. 一日一食にする。

メリットとしては、何も考えなくても18時間以上は消化器官を休められる。

一食だけなのでその日食べたかったものを好きなだけ食べられる(一応限界リミットはありますが)、それと食費が浮く。

デメリットは朝昼食べてる家族・同僚・友人・彼氏彼女を、じーっと横目で見なければならない。

ちなみに一食たべるのは夕食がお勧めです、体内の毒素の排出が一番良いためです。


予は食欲を「いかに制御できるか」につきますね
三大欲求・食欲を「一日一食」にすることによるメリット(禁欲214日目・一食33日目)

一日一食のデメリット(禁欲216日目・一食35日目)

一日一食は「体への負担を軽くする」(禁欲 246日目・一食 65日目)

 

まとめ

この記事で私が「サーチュイン遺伝子」の事をしつこく書いている理由がご理解いただければ嬉しく思います。

もし「トライしてみよう」と思われる方がいらっしゃれば、この記事がご参考になれば幸いです。

しかしながらこのサーチュイン遺伝子を「認めない方々」もたくさんいらっしゃるのは事実です。

それは以前の記事に書いた理由もあると思います。

肯定・否定はみなさまにおまかせするところです。


認められない理由がここにある
ベストなダイエットだけどお勧めしない(禁欲207日目・一食26日目)

コメントを残す